「木米」

「木米」

青木木米(あおき-もくべい)とは

青木木米(あおき-もくべい)とは

-青木木米(あおき-もくべい)とは-

青木木米(あおき-もくべい1767-1833)は、江戸時代後期に活躍した日本の工芸家である。本名は青木文蔵。木米、木米斎、木米山人と号した。大阪府大阪市に生まれる。

木米は、幼少の頃から絵や彫刻を好み、10代の頃にはすでに木彫の仏像を制作していた。20歳のときに京都に出て、仏師の橋本覚兵衛に彫刻を学ぶ。その後、江戸に出て、絵師の谷文晁に師事した。

木米は、絵画、彫刻、工芸など、さまざまな分野で活躍したが、特に木彫と漆芸で知られている。木彫では、仏像、人形、動物など、さまざまな題材を彫り、漆芸では、塗物、蒔絵、螺鈿などの技法を用いて、花瓶、香炉、鏡台などの道具を制作した。

木米の作品は、写実的で精巧な造形と、華麗で優美な装飾が特徴である。また、木米は、民間の生活や風俗を題材にした作品を多く制作しており、庶民の生活に根ざした芸術家でもあった。

木米は、その生涯で数多くの作品を残したが、その多くは火災や地震によって失われてしまった。現在、木米の作品は、全国の美術館や博物館に収蔵されている。

木米は、日本を代表する工芸家の一人であり、その作品は、国内外で高く評価されている。

青木木米(あおき-もくべい)の生涯と作品

青木木米(あおき-もくべい)の生涯と作品

青木木米(あおき-もくべい)の生涯と作品

江戸時代前期に活躍した工芸家・青木木米は、京都で生まれ、父である青木五郎右衛門の下で漆芸を学びました。その後、江戸に出て、徳川将軍家のお抱え工芸師となり、数々の名品を制作しました。

木米の代表作である「木米塗」は、漆器に木目などの模様を施した技法で、その美しさで知られています。また、木米は仏像や茶道具などの彫刻作品も数多く残しており、そのどれもが精巧で優美な仕上がりとなっています。

木米は、江戸時代を代表する工芸家の一人で、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。

木米の生涯

青木木米は、1659年(万治2年)に京都で生まれました。父である青木五郎右衛門は、漆芸家として知られており、木米は父の下で漆芸を学びました。

木米は、18歳のときに江戸に出て、徳川将軍家のお抱え工芸師となりました。将軍家から「木米」という雅号を賜り、数々の名品を制作しました。

木米は、1716年(正徳6年)に58歳で亡くなりました。

木米の作品

木米の作品は、漆器、仏像、茶道具など多岐にわたります。木米塗は、漆器に木目などの模様を施した技法で、その美しさで知られています。

木米は、仏像の彫刻にも優れており、数々の名作を残しています。木米の仏像は、精巧で優美な仕上がりとなっており、多くの人々に愛されています。

木米の茶道具もまた、その美しさで知られています。木米の茶道具は、シンプルでありながら洗練されたデザインとなっており、茶人たちに重宝されています。

青木木米(あおき-もくべい)の功績と影響

青木木米(あおき-もくべい)の功績と影響

青木木米(あおき-もくべい)の功績と影響

青木木米は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した日本の工芸家です。木彫りの達人として知られ、特に「木米」と呼ばれる木彫りの技法を確立したことで有名です。木米は、木目の美しさを生かした彫刻で、独特の風合いを持っています。木米は、茶道具や根付、仏像など、様々な作品を制作しました。その作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館や博物館に所蔵されています。

木米は、彫刻の技術だけでなく、デザインのセンスにも優れていました。木米の作品は、シンプルで洗練されたデザインが多く、現代でも高い人気を誇っています。木米の功績は、木彫りの技法を確立したことだけでなく、日本の工芸のデザインに大きな影響を与えたことにもあります。木米の作品は、後の工芸家に大きな影響を与え、現代の工芸のデザインにも受け継がれています。

木米は、江戸時代中期から後期にかけて、日本の工芸界を牽引した偉大な工芸家です。木彫りの技法を確立し、日本の工芸のデザインに大きな影響を与えました。木米の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館や博物館に所蔵されています。木米は、日本の工芸史において重要な人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました