小林呉嶠とは?生涯と作品を紹介

小林呉嶠とは?生涯と作品を紹介

小林呉嶠の生涯

小林呉嶠の生涯

小林呉嶠の生涯

小林呉嶠は、1858年に加賀国金沢(現在の石川県金沢市)の貧しい農家の六男として生まれた。幼い頃から芸術への才能を発揮し、10歳の時には地元の画家に弟子入りして絵を学び始めた。18歳で上京し、東京美術学校(現在の東京芸術大学)に入学。1882年に卒業後は、画家として活動を開始した。

呉嶠は、当初は西洋画を学んでいたが、後に日本画に転向した。日本画の大家である横山大観や菱田春草らと交流を持ち、新しい日本画の表現を模索した。呉嶠は、日本画の伝統を重んじながらも、西洋絵画の技法を取り入れ、独自の画風を確立した。

呉嶠は、1907年に帝国美術院の会員に推挙され、1915年には東京美術学校教授に就任した。1920年には、帝国美術院の理事長に就任し、日本の美術界を牽引した。呉嶠は、1936年に78歳で死去した。

呉嶠の作品は、全国各地の美術館に所蔵されている。代表作には、「月下の可児才蔵(かじさいぞう)」や「四季山水図屏風(しきさんすいずびょうぶ)」などがある。呉嶠の作品は、日本画の伝統を重んじながらも、西洋絵画の技法を取り入れた革新的な画風で知られている。

小林呉嶠の作風

小林呉嶠の作風

小林呉嶠の作風

小林呉嶠の作風は、初期と後期で大きく異なっています。

初期には、細やかな描写と繊細な色使いで、写実的な花鳥画を描いていました。

しかし、晩年は、筆致が大胆になり、墨による太い線で花鳥を表現するようになりました。

この作風の変化は、呉嶠の精神的な変化に起因していると言われています。

呉嶠は、30歳の頃に、妻を亡くし、その後、二度目の妻とも離婚しています。

また、晩年は、病気に悩まされ、孤独な生活を送っていました。

このような精神的な苦悩から、呉嶠は、繊細な作風から、大胆な作風へと変化していったと考えられています。

呉嶠の晩年の作風は、多くの芸術家に影響を与えました。

その中でも、特に大きな影響を受けたのが、円山応挙です。

応挙は、呉嶠の晩年の作風を学び、それを発展させて、写実的な花鳥画を完成させました。

応挙の写実的な花鳥画は、日本の画壇に大きな影響を与え、写実的な花鳥画は、日本の伝統的な花鳥画として定着しました。

小林呉嶠の代表作

小林呉嶠の代表作

-小林呉嶠の代表作-

小林呉嶠は、江戸時代中期の俳人、漢詩人です。代表作に以下のものがあります。

* -片雲句集-

寛政13年(1801年)に刊行された、呉嶠の第一句集です。全3巻。呉嶠の俳諧の師である与謝蕪村の句風を継承した作風ですが、蕪村よりも現実的な表現が多いのが特徴です。

* -暮雨集-

文化7年(1810年)に刊行された、呉嶠の第二句集です。全3巻。前句集よりもさらに現実的な作風になり、庶民の生活を詠んだ句が多くなっています。

* -雪華集-

文化8年(1811年)に刊行された、呉嶠の第三句集です。全3巻。前2句集よりもさらに洗練された作風になり、自然の美しさや人生の無常を詠んだ句が多くなっています。

* -小林呉嶠漢詩集-

呉嶠の漢詩を集めたものです。全3巻。呉嶠の漢詩は、中国の古典詩を範としたもので、洗練された作風です。

* -小林呉嶠全集-

呉嶠の俳句、漢詩、随筆などを集めた全集です。全10巻。呉嶠の全貌を知る上で欠かせない一冊です。

小林呉嶠は、江戸時代中期の最も重要な俳人の一人です。その句風は、蕪村の写生を継承しながらも、より現実的な作風で、庶民の生活や自然の美しさなどを詠んでいます。呉嶠の句は、今日でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました