三輪年朗-円空彫を極めた彫刻家

三輪年朗-円空彫を極めた彫刻家

三輪年朗の生涯

三輪年朗の生涯

-三輪年朗の生涯-

三輪年朗は、1935年、新潟県に生まれました。1959年に東京芸術大学を卒業し、日展初入選を果たしました。1964年に國画会会員となり、1972年に同会理事になりました。1977年には日展の審査員を務め、1981年には同会理事長に就任しました。

三輪年朗は、円空彫を極めた彫刻家として知られています。円空彫とは、江戸時代に活躍した僧侶で彫刻家の円空によって創始された彫刻技法です。円空彫は、仏像や羅漢像など、宗教的な題材を多く取り上げ、素朴で力強い表現が特徴です。

三輪年朗は、円空彫の伝統を継承しながら、独自のスタイルを確立しました。三輪年朗の作品は、円空彫の素朴さを継承しながらも、より洗練された造型と精緻な彫り込みが特徴です。また、三輪年朗は、円空彫の題材を仏像や羅漢像だけでなく、動物や植物など、より幅広い題材に取り入れました。

三輪年朗は、1997年に死去しましたが、その作品は現在でも多くの人に親しまれています。三輪年朗の作品は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、新潟県立近代美術館など、全国の美術館に収蔵されています。

三輪年朗と円空仏

三輪年朗と円空仏

三輪年朗と円空仏

三輪年朗は、長野県岡谷市で生まれ、幼い頃から木彫りに親しんでいました。18歳の時に、東京に出て彫刻家として活動を始めます。

三輪年朗は、円空仏に強く影響を受け、円空仏を研究・制作するようになります。円空仏とは、江戸時代の僧侶であり彫刻家である円空が制作した仏像で、素朴な作風と力強い表現が特徴です。

三輪年朗は、円空仏の作風を学びながら、独自の作風を確立していきます。三輪年朗の円空仏は、円空仏の素朴さを残しながらも、より洗練された繊細な作りとなっています。

三輪年朗は、円空仏の制作だけでなく、円空仏の研究にも力を入れ、数多くの論文を発表しています。三輪年朗の研究は、円空仏の理解を深めるのに大きく貢献しました。

三輪年朗は、1997年に亡くなりましたが、その作品は現在も高い評価を受けており、多くの美術館に収蔵されています。三輪年朗は、円空仏を極めた彫刻家として、日本彫刻史にその名を刻んでいます。

三輪円空彫の確立

三輪円空彫の確立

-三輪円空彫の確立-

三輪円空彫は、彫刻家三輪年朗が確立した独自の彫刻技法です。円空彫とは、丸太や角材などの木片を、彫刻刀で削りながら立体的に彫り上げる技法のことです。三輪円空彫の特徴は、その大胆な造形と、木そのものの自然な風合いを活かした表現にあります。

三輪年朗は、1909年(明治42年)に京都に生まれました。1926年(大正15年)に京都市立美術工芸学校を卒業後、木彫家の田口啓三に師事しました。田口啓三は、円空彫の第一人者として知られており、三輪年朗は田口啓三から円空彫の技法を学びました。

1930年(昭和5年)に三輪年朗は、京都府宇治市に転居しました。宇治市は、昔から木彫が盛んな地域であり、三輪年朗は宇治市で円空彫の制作に打ち込みました。三輪年朗は、宇治市の山で採れた木々を材料にして、円空彫の作品を制作しました。三輪年朗の作品は、素朴で力強い作風が特徴であり、多くの美術愛好家から高い評価を得ました。

1950年(昭和25年)に三輪年朗は、京都市立美術工芸学校の教授に就任しました。三輪年朗は、京都市立美術工芸学校で円空彫の技法を教え、多くの学生を育てました。三輪年朗の学生の中には、後に円空彫の第一人者として知られるようになる人もいます。

1971年(昭和46年)に三輪年朗は、京都府文化功労者に選ばれました。三輪年朗は、1991年(平成3年)に亡くなりましたが、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました