「珉江」(?-? 江戸時代後期の木彫工。伊勢(いせ)津の人。根付けの作品がおおい。)

「珉江」(?-? 江戸時代後期の木彫工。伊勢(いせ)津の人。根付けの作品がおおい。)

珉江の生い立ちと経歴

珉江の生い立ちと経歴

珉江の生い立ちと経歴
珉江は、江戸時代後期に活躍した木彫工です。伊勢津の人で、根付けの作品が多いです。

珉江の生い立ちについては、あまり詳しくわかっていません。しかし、幼少期から木彫りに興味を持ち、独学でその技術を磨いたと伝えられています。

珉江は、江戸に出て根付け師として活動を始めました。根付けとは、帯に下げて印鑑や小物をぶら下げるための小さな彫刻のことです。珉江は、根付けに様々な動物や植物を彫り、その繊細な技法と完成度の高さで評判を呼びました。

珉江の作品は、国内外で高く評価され、多くのコレクターに収集されました。また、珉江は、根付けの制作だけでなく、木彫の技法を後世に伝えるためにも尽力しました。

珉江は、江戸時代後期の木彫工として、根付けの制作と木彫の技法の伝承に大きな功績を残しました。

珉江の作品の特徴

珉江の作品の特徴

珉江の作品の特徴

珉江の作品は、根付けが中心である。根付けとは、印籠やお守りなどの根付紐に付ける装飾品のことである。珉江の根付けは、木彫で細工されたもので、人物、動物、植物、風景など、さまざまなモチーフを題材にしている。

珉江の作品は、写実性が特徴である。題材を忠実に観察し、細部まで丁寧に彫り込んでいる。また、色彩も鮮やかで、生き生きとした表情を見せている。

珉江の作品は、高い技術力でも知られている。精密な彫刻技術を駆使し、複雑な構図の作品を巧みに彫り上げている。また、木目や材質を生かした作品も多く、その素材美を活かしている。

珉江の作品は、江戸時代後期を代表する根付け師の一人として高く評価されている。その写実性と高い技術力は、多くのコレクターから愛好されている。

タイトルとURLをコピーしました