「珉山」 (?-? 江戸時代中期-後期の陶工)

「珉山」 (?-? 江戸時代中期-後期の陶工)

赤松光信の弟子

赤松光信の弟子

-赤松光信の弟子-

珉山は赤松光信の弟子であったとされる。赤松光信は、江戸時代中期から後期の陶工で、信楽焼の名工として知られる。光信は、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れ、独自の作風を確立した。珉山は、光信の弟子として、光信の技法を学び、信楽焼の発展に貢献した。

珉山は、光信の弟子として、光信の作風を学び、信楽焼の発展に貢献した。珉山の作品は、光信の作品と同様に、素朴で温かみのある作風が特徴である。珉山の作品は、光信の作品と同様に、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れた独自の作風である。珉山の作品は、光信の作品と同様に、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れた独自の作風である。

珉山の作品は、光信の作品と同様に、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れた独自の作風である。珉山の作品は、光信の作品と同様に、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れた独自の作風である。珉山の作品は、光信の作品と同様に、信楽焼の伝統的な技法に加え、新しい技法を取り入れた独自の作風である。

安永9年(1780)志度に開窯

安永9年(1780)志度に開窯

安永9年(1780)志度に開窯

珉山は、江戸時代中期から後期の陶工です。彼は、1780年に志度に開窯し、志戸焼の基礎を築きました。志戸焼は、瀬戸焼の流れを汲む陶器で、その特徴は、白磁に呉須で絵付けを施したものです。珉山は、志戸焼を全国に広め、志戸焼は江戸時代を代表する陶器のひとつとなりました。

珉山は、志戸焼の開窯以外にも、多くの功績を残しています。彼は、陶磁器の研究を行い、新しい釉薬や絵付け技法を開発しました。また、彼は陶磁器の販売ルートを確立し、志戸焼を全国に広めることに成功しました。珉山は、志戸焼の開窯と発展に大きく貢献した陶工でした。

「民山」の銘も使用

「民山」の銘も使用

# 「珉山」 (?-? 江戸時代中期-後期の陶工)
———
「民山」の銘も使用
———
「珉山」は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した陶工です。肥前国(現在の佐賀県)の出身で、本名は村上太郎右衛門直通と言われています。珉山という号は、中国の宋代の陶工である汝窯の創始者である「民山」に由来しています。珉山は、唐津焼の陶工である「高取焼」の指導を受け、唐津焼の技法を学びました。その後、唐津焼の窯元である「高取焼」の廃窯後に、佐賀県の伊万里地区に移り住み、伊万里焼を生産しました。

珉山の作風は、唐津焼の特徴である素朴で力強い作風を受け継ぎ、伊万里焼の繊細で華やかな作風を融合させた独自の作風を確立しました。珉山は、伊万里焼の代表的な陶工の一人として知られ、その作品は現在でも人気があります。珉山は、伊万里焼の生産地である伊万里地区に「珉山窯」を築き、伊万里焼の生産に尽力しました。珉山窯は、伊万里焼の生産地として栄え、珉山の作品は日本各地に流通しました。

珉山は、伊万里焼の生産に貢献しただけでなく、伊万里焼の技法を後世に伝える役割も果たしました。珉山の弟子には、「鍋島焼」の創始者である「鍋島直正」や「有田焼」の創始者である「有田直弘」などがおり、彼らが珉山の技法を学び、日本の陶磁器の発展に貢献しました。珉山は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した陶工であり、伊万里焼の代表的な陶工の一人として知られています。

珉山の作品は、現在でも人気があり、日本各地の美術館や博物館に収蔵されています。また、珉山の作品は、骨董市場でも取引されており、高値で取引されています。珉山の作品は、日本の陶磁器の歴史を知る上で貴重な資料であり、その作品は現在でも多くの人々から愛されています。

タイトルとURLをコピーしました