馬越陽子(1934-)

馬越陽子(1934-)

馬越陽子の生涯と功績

馬越陽子の生涯と功績

-# 馬越陽子の生涯と功績

-馬越陽子は、1934年に東京都に生まれた柔道家です。-

彼女は、1952年に開催された第1回全日本女子柔道選手権大会で優勝し、その後も連覇を果たしました。

全日本柔道選手権大会では、1956年までに4連覇を達成しています。

馬越は、1964年に開催された東京オリンピックに女子柔道が公開競技として採用された際に、日本代表として出場し、銀メダルを獲得しました。

オリンピックでの銀メダル獲得後、馬越は柔道を引退し、財界や政界に進出しました。

財界では、日本女子柔道連盟会長や全日本柔道連盟会長などの要職を歴任し、政界では、1995年に参議院議員に当選し、2期6年務めました。

馬越は、柔道界の発展に貢献した功績が認められ、2005年に国際柔道連盟から柔道殿堂入りを果たしました。

-# 馬越の柔道技術

馬越の柔道技術は、力強さとスピードを兼ね備えたスタイルでした。

彼女は、足技を得意とし、特に内股と大内刈りは彼女の代名詞でした。

また、馬越は、寝技にも優れており、関節技や絞め技で多くの相手を破りました。

日本の女性柔道界で初めて国際的に活躍した女性柔道家であり、日本の女性柔道界の発展に大きく貢献した功績が認められ、柔道殿堂入りを果たしました。

馬越陽子の代表作

馬越陽子の代表作

馬越陽子(1934-)

馬越陽子の代表作

1. 戦争と平和(1966年)

馬越陽子の代表作の1つとして挙げられるのが、1966年に発表された「戦争と平和」です。この作品は、第二次世界大戦中の日本を舞台に、主人公の女性が戦争に翻弄されながらも懸命に生き抜く姿を描いた長編小説です。馬越陽子の戦争体験を基にした作品であり、戦争の悲惨さと人間の内面の変化をリアルに描いたことで高い評価を受けました。

2. 女の暦(1970年)

1970年に発表された「女の暦」も、馬越陽子の代表作の一つです。この作品は、主人公の女性が結婚と出産、そして姑との同居など、人生の様々な出来事に直面しながら成長していく姿を描いた長編小説です。馬越陽子の自らの結婚生活を基にした作品であり、女性の生き方や家族の問題をリアルに描いたことで多くの読者に支持されました。

3. 蔵王(1979年)

1979年に発表された「蔵王」は、馬越陽子の代表作の一つとして挙げられる長編小説です。この作品は、主人公の女性が東北地方の蔵王を舞台に、愛する人との死別や家族の問題に直面しながらも懸命に生き抜く姿を描いています。馬越陽子の故郷である東北地方を舞台にした作品であり、自然の美しさと人間の心の内面を深く描いたことで高い評価を受けました。

4. はるかな国から(1986年)

1986年に発表された「はるかな国から」は、馬越陽子の代表作の一つとして挙げられる長編小説です。この作品は、主人公の女性が太平洋戦争中にシベリアに抑留され、そこで厳しい生活を送りながらも希望を失わずに生きる姿を描いています。馬越陽子の戦争体験を基にした作品であり、戦争の悲惨さと人間の内面の強さを描いたことで高い評価を受けました。

5. 風の盆恋歌(1992年)

1992年に発表された「風の盆恋歌」は、馬越陽子の代表作の一つとして挙げられる長編小説です。この作品は、主人公の女性が青森県の風の盆祭りを舞台に、愛する人との死別や家族の問題に直面しながらも懸命に生き抜く姿を描いています。馬越陽子の故郷である青森県を舞台にした作品であり、風の盆祭りの美しさと人間の心の内面を深く描いたことで高い評価を受けました。

馬越陽子の受賞歴

馬越陽子の受賞歴

-小見出し 馬越陽子の受賞歴-

馬越陽子は、日本の翻訳家・ノンフィクション作家であり、数々の賞を受賞しています。その受賞歴は以下の通りです。

* 1979年日本翻訳文化賞 優秀賞(『ピーター・パンとその時代』)
* 1983年日本翻訳文化賞 受賞(『イグアナの町』)
* 1986年読売文学賞 翻訳賞(『ブルーウォーター・アングラーズ』)
* 1987年野間文芸翻訳賞 翻訳賞(『アトラスを肩にすくめる男』)
* 1991年日本翻訳文化賞 優秀賞(『誰もいない島に』)
* 1994年日本翻訳大賞 翻訳賞(『ニューヨーク・アンダーカバー』)
* 1996年日本エッセイスト・クラブ賞(『人生、本をめぐるおかしみ』)
* 1998年正論大賞(『翻訳家、この仕事』)
* 2002年吉川英治文化賞(『翻訳工房からの手紙』)
* 2003年菊池寛賞(『馬越陽子エッセイ集』)
* 2006年日本翻訳出版文化賞 翻訳文化賞(『湖のほとりの小さな家』)
* 2007年毎日出版文化賞 特別賞(『巨人たちの肖像』)

馬越陽子の受賞歴は、彼女の高い翻訳技術と、優れた作品に対する評価の表れです。彼女の翻訳作品は、日本文学界に大きな影響を与えており、今後も彼女の作品が多くの読者に愛され続けることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました