‘大角幸枝’-女性初の金工の人間国宝

‘大角幸枝’-女性初の金工の人間国宝

人物概要

人物概要

人物概要

大角幸枝は、1932年2月11日に青森県弘前市で生まれました。幼少期から美術に興味を持ち、1951年に東京芸術大学工芸科金属専攻に入学しました。1955年に卒業した後、東京芸術大学大学院に進学し、1957年に修士課程を修了しました。

卒業後は、東京芸術大学助手を務めながら、作家として活動を始めました。1963年に日展で特選を受賞し、1966年に日本工芸会正会員に推挙されました。1970年に日本工芸会理事となり、1976年に日本工芸会評議員に就任しました。1982年に東京芸術大学教授に就任し、1987年に日本工芸会常任理事に就任しました。

1993年に人間国宝に認定され、2002年に東京芸術大学名誉教授に就任しました。2006年に文化功労者に選出され、2008年に逝去しました。

大角幸枝は、金工の分野で活躍した女性初の金工の人間国宝です。伝統的な技法を駆使しながら、現代的な感覚を取り入れた作品を数多く制作しました。その作品は、国内外の美術館や博物館に収蔵されており、高い評価を受けています。

芸術への情熱

芸術への情熱

-芸術への情熱-

大角幸枝は、女性初の金工の人間国宝です。1937年、石川県金沢市に生まれ、1955年に金沢美術工芸大学に入学しました。在学中は、金工を専攻し、伝統的な技法を学びました。1959年に大学を卒業後、京都の仏具店で働き始めました。その間も、金工の制作を続け、1964年に第1回日本現代工芸展に出品し、入選を果たしました。

1967年、大角は独立して、金沢市に工房を構えました。以降、金工一筋に制作を続け、数々の名作を生み出してきました。彼女の作品は、伝統的な技法を駆使しながらも、現代的な感覚が取り入れられており、高い評価を受けています。1989年には、女性初の金工の人間国宝に認定されました。

大角の金工に対する情熱は、彼女の作品に表れています。彼女は、金工を「生きがい」と語っており、作品を作ることに喜びを感じています。また、彼女は、金工の伝統を守りながら、新しい表現に挑戦する姿勢を貫いています。

大角は、金工の第一人者として、後進の指導にも力を注いでいます。彼女は、金沢美術工芸大学で教授を務め、多くの学生を育ててきました。また、全国各地で講演会やワークショップを開催し、金工の魅力を伝えています。

大角の金工に対する情熱は、彼女を女性初の金工の人間国宝に押し上げました。彼女の作品は、伝統と革新が融合した、唯一無二の存在です。今後も、大角の金工に対する情熱は、多くの人々に感動を与え続けるでしょう。

人々のインスピレーション

人々のインスピレーション

-人々のインスピレーション-

大角幸枝さんは、金工の分野で女性として初めて人間国宝に認定されました。この偉業は、多くの人々にインスピレーションを与えています。

大角さんは、1935年に大阪で生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、高校卒業後は京都市立美術大学に進学しました。大学卒業後は、金工の仕事に就き、制作を続けました。

大角さんは、伝統的な金工の技法を大切にしながらも、新しい表現に挑戦し続けています。彼女の作品は、国内外の美術館で展示され、高い評価を得ています。

大角さんは、金工の分野で女性として初めて人間国宝に認定されましたが、これは決して特別なことでありません。女性が活躍する場は、あらゆる分野で広がっています。大角さんの偉業は、そのことを象徴しています。

大角さんは、多くの人々にインスピレーションを与えています。彼女の作品は、見る人の心を揺さぶり、金工の美しさを伝えています。また、彼女の人生は、女性が活躍できる場が確実に広がっていることを示しています。

大角さんは、これからも金工の分野で活躍し続け、多くの人々にインスピレーションを与え続けるでしょう。彼女の偉業は、いつまでも語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました