書家 青山杉雨の生涯と作品

書家 青山杉雨の生涯と作品

初期の経歴

初期の経歴

-初期の経歴-

青山杉雨は、明治38年(1905年)2月11日に、静岡県榛原郡相良町(現在の牧之原市)に生まれた。本名は青山杉男。幼少期から書道を始め、明治45年(1912年)には、静岡県立榛原中学校に入学。在学中は、書道部に所属し、書道の腕を磨いた。

大正8年(1919年)に、榛原中学校を卒業後、上京して、日本大学芸術学部書道科に入学。在学中は、書道界の重鎮である金子鷗亭や山本竟山に師事し、書道の基礎を固めた。また、同時期に、日本書芸院展や毎日書道展に出品を始め、入選を果たすなど、早くからその才能を発揮した。

大正12年(1923年)に、日本大学を卒業後、書道家としての活動を本格的に開始。この頃、雅号を「杉雨」と改め、書道展への出品を重ねた。また、書道教室を開き、書道の指導にもあたった。

昭和4年(1929年)には、第1回日本書芸院展において、最高賞である特選を受賞。この受賞を機に、書道界での地位を確立し、書道展の審査員や顧問を歴任するなど、書道界を代表する書家の一人となった。

師事を受けた書家たち

師事を受けた書家たち

師事を受けた書家たち

青山杉雨は、生涯にわたって多くの書家から指導を受けました。初期の師匠として最も影響を受けたのは、やはり、父であり、書家の青山鉄舟です。鉄舟は、杉雨が幼少の頃から書道を教え込み、杉雨の書風の基礎を築きました。

その後、杉雨は書家として大成するために、いくつかの書道団体に参加し、そこで活躍する著名な書家たちから指導を受けました。その中には、以下のような人物が含まれます。

・田口蓬軒
・松井如松
・橋本関雪
・横山大観
・川端龍子

これらの書家たちからは、書道の技術だけでなく、書道に対する姿勢や考え方を学びました。また、杉雨は、これらの書家たちとの交流を通じて、書道界の人脈を広げ、書道界で活躍するための基盤を築きました。

杉雨は、これらの書家たちから指導を受けたことにより、書道家として大きく成長することができました。そして、書道界で活躍し、数々の名品を残すことになりました。

杉雨が師事を受けた書家たちのうち、田口蓬軒は特に影響力が強かったようです。田口蓬軒は、杉雨が幼少の頃から指導を受け、杉雨の書風の基礎を築いた人物です。田口蓬軒は、書家の育成に注力しており、杉雨以外にも多くの書家を輩出しています。

杉雨は、田口蓬軒から書道の技術だけでなく、書道に対する姿勢や考え方を学びました。田口蓬軒は、書道を「心技体」の三要素から成り立つものと考え、書道家には「書道に対する真剣な姿勢」と「書道の技術を磨く努力」が必要であると説きました。

杉雨は、田口蓬軒の教えを忠実に守って、書道に励みました。そして、書道家として大成し、数々の名品を残すことになりました。

青山杉雨の書風の特徴

青山杉雨の書風の特徴

書家 青山杉雨の生涯と作品

青山杉雨の書風の特徴

青山杉雨は、明治12年(1879年)に東京で生まれた書家です。幼少期から書を学び、明治34年(1901年)に書道界の重鎮である巌谷一六に入門しました。一六から書の基礎を学び、伝統的な書道を習得しました。

杉雨は一六の薫陶を受けながら、自身の書風を確立していきました。杉雨の書は、楷書、行書、草書など、さまざまな書体を駆使した優美で繊細な書風です。特に草書は、奔放で躍動感あふれる独特の書風で知られています。

杉雨の書は、国内外で高い評価を受けました。明治40年(1907年)には、パリ万国博覧会に出品し、金賞を受賞しました。その後も、国内外で多くの展覧会に出品し、賞を受賞しました。

大正11年(1922年)、杉雨は43歳の若さで亡くなりました。しかし、杉雨の書は、今日でも多くの書道家や美術愛好家に愛されています。杉雨の書は、伝統的な書道の技法を基盤としながら、斬新で独創的な書風であり、日本書道の歴史に大きな足跡を残しました。

杉雨の書風の特徴は、以下の通りです。

・楷書、行書、草書など、さまざまな書体を駆使した優美で繊細な書風。
・特に草書は、奔放で躍動感あふれる独特の書風。
・伝統的な書道の技法を基盤としながら、斬新で独創的な書風。
・日本書道の歴史に大きな足跡を残した。

タイトルとURLをコピーしました