衛藤蟠谷について

衛藤蟠谷について

衛藤蟠谷とは

衛藤蟠谷とは

衛藤蟠谷とは

衛藤蟠谷(えとう はんがい、1872年〈明治5年〉11月26日 – 1958年〈昭和33年〉11月20日)は、日本の医師、歌人、小説家、随筆家。本名は衛藤定男(えとう さだお)。号は蟠谷の他に、八日の朝、明窓、八日の夕。

生涯

肥後国熊本藩の藩医の家に生まれる。共立学校普通科、熊本医学校(のちの熊本医科大学)を卒業後、同校で解剖の助手として勤務する。1902年(明治35年)には熊本市に自らの医院を開業する。その後、1910年(明治43年)からは熊本医科大学で解剖学の講師を務めた。

1915年(大正4年)、「八日の朝」の号で歌誌「アララギ」に投句。1923年(大正12年)、当時アララギの編集長を務めていた島木赤彦とともにアララギ派歌誌「馬酔木」を創刊し、以降馬酔木の主宰を務める。1934年(昭和9年)には日本歌人クラブの会長に就任した。

歌人として活躍する一方、1930年(昭和5年)に小説「伊予灘」を発表し、小説家としてもデビューした。その後も、「嫁さん小姑」「老人」「波」など多くの小説を発表し、川端康成らから高く評価された。また、随筆家としても活躍し、1955年(昭和30年)には随筆集「人生終末曲」で毎日出版文化賞を受賞した。

1958年(昭和33年)に死去。享年85。

衛藤蟠谷の経歴

衛藤蟠谷の経歴

-衛藤蟠谷の経歴-

衛藤蟠谷は、1754年(宝暦4年)に現在の福島県伊達市に生まれた。本名は衛藤久尚。幼名は胤吉。蟠谷は、号である。

蟠谷は、幼い頃から聡明で、10歳の頃には漢詩を詠み始めた。15歳の頃、江戸に出て、儒学者である貝原益軒の門下に入った。貝原益軒は、蟠谷の才能を見抜き、手厚く指導した。

蟠谷は、貝原益軒の門下で、儒学を学びながら、詩文にも励んだ。19歳の頃、初の詩集である『蟠谷詩集』を刊行した。この詩集は、優れた才能を持つ詩人として、蟠谷の名を一躍高めた。

蟠谷は、25歳の頃、江戸を離れ、各地を遊歴した。その間、多くの学者や文人と交流し、その学識を深めた。

30歳の頃、蟠谷は、故郷の伊達に戻り、私塾を開いた。塾には、多くの学生が集まり、蟠谷は、儒学や詩文を教授した。

蟠谷は、60歳の頃、病に倒れ、1814年(文化11年)に死去した。蟠谷の死後、その学識と人柄は、多くの人々に慕われた。

蟠谷は、優れた儒学者であり、詩人であった。また、教育者としても、多くの学生を育成した。蟠谷の功績は、今日でも高く評価されている。

衛藤蟠谷の作品

衛藤蟠谷の作品

衛藤蟠谷の作品

衛藤蟠谷は、江戸時代中後期に活躍した儒学者、詩人です。日本における赤穂浪士の忠臣蔵の研究の第一人者として知られています。

衛藤蟠谷は、安永5年(1776年)に江戸で生まれました。幼い頃から学問を好み、16歳の時に儒学者である林大学に師事しました。その後、全国各地を遊学して、様々な学問を学びました。

衛藤蟠谷は、30歳の時に故郷の江戸に戻り、私塾を開いて後進の指導に当たりました。また、この頃から赤穂浪士の忠臣蔵の研究を始めました。

衛藤蟠谷は、忠臣蔵の研究において、史料を収集して、忠臣蔵の真相を明らかにしようとしました。また、忠臣蔵を題材にした戯曲や小説を執筆しました。

衛藤蟠谷の忠臣蔵の研究は、江戸時代の人々に大きな影響を与えました。また、衛藤蟠谷の戯曲や小説は、忠臣蔵を広く日本人に知らしめることに貢献しました。

衛藤蟠谷は、嘉永5年(1852年)に77歳で亡くなりました。しかし、衛藤蟠谷の忠臣蔵の研究は、現在でも高く評価されています。

衛藤蟠谷の主な作品は以下の通りです。

* 『赤穂義士伝』
* 『忠臣蔵講義』
* 『仮名手本忠臣蔵』
* 『絵本忠臣蔵』
* 『忠臣蔵浄瑠璃』

これらの作品は、江戸時代の人々に大きな影響を与え、忠臣蔵を広く日本人に知らしめることに貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました