青山暘城とは?生い立ちから活躍までを解説

青山暘城とは?生い立ちから活躍までを解説

青山暘城の生い立ち

青山暘城の生い立ち

-青山暘城の生い立ち-

青山暘城は、1882年7月28日に東京都で青山健吉と竹子の間に次男として生まれました。

父親の青山健吉は、東京府会議員を務めた政治家であり、母親の竹子は、歌人の与謝野晶子の姉でした。

暘城は、幼少期から漢学を学び、9歳の時に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学しました。

その後、第一高等学校(現・東京大学教養学部)を経て、1906年に東京帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)を卒業しました。

卒業後は、大蔵省に入省し、主税局に配属されました。

主税局では、関税や消費税などの税制改正を担当しました。

1914年に大蔵省を退官し、その後は、実業家として活動しました。

1917年に、日本綿業株式会社(現・ユニチカ)の常務取締役に就任しました。

1922年に、日本綿業株式会社の社長に就任しました。

社長在任中は、会社の経営を立て直し、日本綿業株式会社を日本の大手繊維会社に育て上げました。

1937年に、日本綿業株式会社の社長を退任しました。

退任後は、日本商工会議所の会頭を務めました。

1945年に、貴族院議員に勅選されました。

1947年に、貴族院議員を辞職しました。

1954年9月16日に死去しました。

青山暘城の活躍

青山暘城の活躍

-青山暘城の活躍-

青山暘城は、主に天正年間に活躍しました。

天正10年(1582年)、本能寺の変が起こり、織田信長が明智光秀によって討たれます。この時、暘城は織田信忠の軍勢に加わっており、本能寺の変に巻き込まれました。しかし、暘城は辛くも難を逃れて、信忠の居城である岐阜城に逃げ帰りました。

天正10年(1582年)、織田信長の死後に起こった山崎の戦いに参加。主君の織田信忠とともに本能寺の変で明智光秀に敗れた後は、越前に逃れ、柴田勝家と合流。賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉に敗れるまで柴田氏に仕えました。

天正15年(1587年)、九州征伐に参加。この時、暘城は島津勢の猛攻を受けて、危機に陥りました。しかし、暘城は奮戦して島津勢を撃退し、九州征伐の勝利に貢献しました。

天正18年(1590年)、小田原征伐に参加。この時、暘城は秀吉の軍勢に加わって、小田原城を攻めました。小田原城は難攻不落の城として知られていましたが、暘城は豊臣秀吉の軍勢とともに攻め続け、ついに小田原城を陥落させました。

文禄・慶長の役にも従軍。この時、暘城は秀吉の命を受けて、朝鮮半島に渡りました。暘城は朝鮮半島で幾多の戦いに参加して、戦功を挙げました。しかし、慶長の役の途中で暘城は病に倒れてしまいます。そして、慶長3年(1598年)、暘城は朝鮮半島で病死しました。

青山暘城は、天正年間に活躍した武将です。暘城は、本能寺の変、山崎の戦い、九州征伐、小田原征伐、文禄・慶長の役など、数多くの戦いに参加して、戦功を挙げました。暘城は、豊臣秀吉に仕えて、その天下統一に貢献した武将です。

青山暘城の死没

青山暘城の死没

青山暘城の死没

青山暘城は、1969年10月22日に心筋梗塞のため、東京都杉並区の自宅で亡くなりました。享年66歳でした。

青山暘城の死は、日本の文化・芸術界にとって大きな損失となりました。青山暘城は、日本の伝統芸能である能楽の第一人者として活躍し、また、能楽の普及・発展にも尽力しました。青山暘城の死は、日本の伝統芸能界に大きな衝撃を与えました。

青山暘城の死後、日本の伝統芸能界では、青山暘城の功績を讃えるとともに、青山暘城の遺志を受け継いで、能楽の普及・発展に努めるという動きが高まりました。青山暘城の死は、日本の伝統芸能界に大きな影響を与えただけでなく、日本の文化・芸術界全体にも大きな影響を与えました。

青山暘城の死後、日本の伝統芸能界では、青山暘城の功績を讃えるとともに、青山暘城の遺志を受け継いで、能楽の普及・発展に努めるという動きが高まりました。青山暘城の死は、日本の伝統芸能界に大きな影響を与えただけでなく、日本の文化・芸術界全体にも大きな影響を与えました。

青山暘城の死は、日本の伝統芸能界にとって大きな損失となりましたが、青山暘城の功績は、日本の伝統芸能界に永遠に残り続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました