青山義雄:日本の洋画家

青山義雄:日本の洋画家

ヨーロッパでの修行と活動

ヨーロッパでの修行と活動

-ヨーロッパでの修行と活動-

青山義雄は、1915年に東京美術学校を卒業した後、渡欧し、フランスのパリで修行を積んだ。パリでは、アカデミー・ジュリアンで学び、アンリ・マティスやジョルジュ・ブラックなどの著名な画家たちの作品に触れた。

1920年に帰国後は、二科展に出品し、1927年には二科展の会員となった。その後、1931年に渡欧し、再びパリで修行を積んだ。この時には、ピカソやジョアン・ミロなどのシュルレアリストの作品に触れ、影響を受けた。

1936年に帰国後は、一水会展に出品し、1939年には一水会会員となった。また、戦後は日本美術展覧会(日展)や東京ビエンナーレなどに出品し、高い評価を得た。

青山義雄の作品は、パリでの修行時代には、写実的な風景画や静物画を描いていた。しかし、1930年代にシュルレアリスムの影響を受けてからは、抽象的な作品やコラージュの作品を描くようになった。また、戦後は、原爆の惨禍をテーマにした作品も描いた。

青山義雄は、日本の洋画壇で活躍した画家である。その作品は、写実的な風景画から抽象的な作品まで幅広く、シュルレアリスムや原爆の惨禍をテーマにした作品など、社会的なメッセージを込めた作品も描いた。

日本の洋画界への貢献

日本の洋画界への貢献

-青山義雄日本の洋画家-

-日本の洋画界への貢献-

青山義雄(1904-1993)は、日本の著名な洋画家でした。彼は、1904年に東京に生まれ、東京美術学校で学びました。卒業後は、フランスに留学し、パリで絵画を学びました。帰国後は、東京美術学校で教鞭をとり、洋画界で活躍しました。

青山義雄は、日本の洋画界に大きな貢献をしました。彼は、日本の洋画界に新しい技法や表現方法を紹介し、日本の洋画界の発展に貢献しました。また、彼は、多くの弟子を育て、日本の洋画界の発展に貢献しました。

青山義雄の代表作には、「風景画」や「人像画」などがあります。彼の作品は、日本の美術館や博物館に収蔵されています。また、彼の作品は、海外でも高く評価されており、世界の美術館や博物館に収蔵されています。

青山義雄は、1993年に亡くなりました。しかし、彼の作品は、今もなお人々を魅了し続けています。彼は、日本の洋画界に大きな貢献をした偉大な画家です。

-青山義雄の画風-

青山義雄の画風は、写実主義と印象主義を融合したものでした。彼は、対象物を忠実に描写しましたが、そこに印象主義的な光と影の表現を加えました。青山義雄の作品は、写実的でありながら、同時に抒情的な雰囲気を漂わせています。

青山義雄は、風景画と人像画を多く描きました。彼の風景画は、日本の自然の美しさを表現しており、人々を魅了します。彼の風景画には、日本の伝統的な絵画の要素も取り入れられており、日本らしさを感じさせます。

青山義雄の人像画は、人物の個性を的確に捉えた作品です。彼は、人物の表情やしぐさを細部まで描写し、人物の内面を表現しています。青山義雄の人像画は、人々の心を打つ作品です。

青山義雄は、日本の洋画界に大きな貢献をした偉大な画家です。彼の作品は、今もなお人々を魅了し続けています。

タイトルとURLをコピーしました