日下部金兵衛(1841-1934):日本の写真家

日下部金兵衛(1841-1934):日本の写真家

横浜写真の先駆者

横浜写真の先駆者

横浜写真の先駆者

日下部金兵衛は、横浜写真の先駆者として知られている。1841年に江戸に生まれ、1863年に横浜に移住した。横浜では、写真館を開業して外国人や日本人に向けて写真撮影を行っていた。また、横浜の街並みや風景を撮影して、写真集を出版することもあった。日下部の写真は、横浜の街の変遷や人々の暮らしを伝える貴重な資料となっている。

日下部が写真撮影を始めたのは、1863年のことである。横浜に移住した直後、横浜で写真館を開業した。日下部の写真館は、横浜で最初の日本人による写真館であった。当初、日下部は外国人向けの撮影が多かったが、次第に日本人向けの撮影も増えるようになった。日下部の写真は、その技術の高さから評判を集め、多くの著名人が撮影に訪れた。

日下部は、横浜の街並みや風景を撮影することも多かった。日下部の撮影した横浜の写真は、横浜の街の変遷を伝える貴重な資料となっている。また、日下部は、横浜に住む人々を撮影することも多かった。

日下部の写真は、横浜の街の変遷や人々の暮らしを伝える貴重な資料となっている。また、日下部の写真は、日本の写真史においても重要な位置を占めている。日下部は、横浜写真の先駆者として、日本の写真史にその名を残している。

ベアトに師事し、横浜で金幣写真館を開業

ベアトに師事し、横浜で金幣写真館を開業

-ベアトに師事し、横浜で金幣写真館を開業-

日下部金兵衛は、1862年に横浜で開かれたパリ万国博覧会に同行し、そこでフランス人写真家フェリックス・ベアトに出会った。ベアトは、日下部の写真の才能を見抜き、彼に写真技術を教えた。日下部はベアトのもとで3年間修行し、1865年に横浜に金幣写真館を開業した。

金幣写真館は、横浜で最初の日本人経営の写真館であり、多くの日本人や外国人が訪れた。日下部は、肖像写真や風景写真、風俗写真など、幅広いジャンルの写真を撮った。彼の作品は、日本の写真史において重要な位置を占めている。

日下部は、1872年にウィーン万国博覧会に写真を出品し、銀賞を受賞した。また、1873年には、東京で開催された第1回内国勧業博覧会に写真を出品し、銅賞を受賞した。

日下部は、1934年に93歳で亡くなった。彼の作品は、現在、東京国立博物館や横浜美術館などに収蔵されている。

日下部の作品は、日本の近代化の過程を記録した貴重な資料である。彼の作品は、日本人の生活や風俗、日本の風景など、当時の日本を知る上で欠かせないものである。

国内外の博覧会に出品

国内外の博覧会に出品

国内外の博覧会に出品

日下部金兵衛は、国内外の博覧会に積極的に出品したことで知られています。彼は、1873年に開催されたウィーン万国博覧会に日本の写真家として初めて出品し、銀メダルを受賞しました。その後も、1876年のフィラデルフィア万国博覧会、1878年のパリ万国博覧会など、数々の博覧会に出品し、高い評価を受けました。

日下部金兵衛が博覧会に出品した写真は、主に日本の人々や生活の様子を写したものでした。彼は、日本の伝統的な文化や風習を写真に収め、海外の人々に紹介しました。また、彼は、日本の自然の美しさも写真に収め、海外の人々に日本の魅力を伝えました。

日下部金兵衛は、博覧会への出品を通じて、日本の写真術の発展に大きく貢献しました。彼は、日本の写真家として初めて国際的な舞台で活躍し、日本の写真のレベルの高さを世界に示しました。また、彼は、日本の文化や自然の美しさを写真に収め、海外の人々に日本の魅力を伝えました。

日下部金兵衛は、日本の写真史に残る偉大な写真家の一人です。彼は、日本の写真術の発展に大きく貢献し、日本の写真のレベルの高さを世界に示しました。また、彼は、日本の文化や自然の美しさを写真に収め、海外の人々に日本の魅力を伝えました。

タイトルとURLをコピーしました