家永熊吉 – 江戸後期から明治初期の陶工

家永熊吉 – 江戸後期から明治初期の陶工

肥前有田白川の陶工

肥前有田白川の陶工

-肥前有田白川の陶工-

家永熊吉は、肥前有田白川の陶工であり、明治初期に活躍しました。彼は、有田焼の伝統的な技術を受け継ぎながら、新しい技法を取り入れて、斬新な作品を制作しました。彼の作品は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞しました。

熊吉は、1834年に肥前有田白川に生まれました。彼は、幼い頃から陶芸に興味を持ち、父から陶芸の技術を学びました。18歳で独立し、有田で陶器の製造を始めました。

熊吉は、有田焼の伝統的な技術を尊重しながらも、新しい技法を取り入れて、斬新な作品を制作しました。彼は、ヨーロッパの陶磁器を研究し、その技術を取り入れた作品を制作しました。また、日本の伝統的な絵柄をモチーフにした作品も制作しました。

熊吉の作品は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞しました。1873年のウィーン万国博覧会では、金賞を受賞しました。また、1881年の東京勧業博覧会では、一等賞を受賞しました。熊吉の作品は、東京国立博物館や有田陶磁器美術館など、多くの美術館に収蔵されています。

熊吉は、1904年に亡くなりました。しかし、彼の作品は現在でも高く評価されており、多くの人に愛されています。

轆轤の技術にすぐれ、大型磁器を制作

轆轤の技術にすぐれ、大型磁器を制作

-轆轤の技術にすぐれ、大型磁器を制作-

家永熊吉は、轆轤の技術にすぐれ、大型磁器の制作で知られる江戸後期から明治初期の陶工です。佐賀県有田町に生まれ、幼い頃から陶芸を学びました。1837年に独立し、有田の地に窯を開きました。

熊吉は、轆轤の技術に優れており、大型の磁器を制作することができました。直径1メートルを超える大皿や、高さ1メートルを超える花瓶などを制作しました。また、熊吉は、磁器の表面に繊細な絵付けを行うことで知られており、その作品は多くのコレクターに人気があります。

熊吉の作品は、国内外に広く知られており、多くの美術館や博物館に収蔵されています。また、熊吉の作品は、オークションで高値で取引されることもあります。

熊吉は、1889年に亡くなりましたが、その作品は現在も多くの陶芸家に影響を与え続けています。

明治15年11月27日死去

明治15年11月27日死去

-明治15年11月27日死去-

家永熊吉は、明治15年(1882年)11月27日に死去しました。享年72歳でした。熊吉の死後、熊吉の息子である家永清助が家永陶器の跡を継ぎ、家永陶器は明治時代から昭和時代にかけて、益子焼の代表的な窯元として活躍しました。

熊吉の死は、益子焼にとって大きな損失でした。熊吉は、益子焼の発展に大きく貢献した陶工であり、熊吉の死後、益子焼の生産量は一時的に減少しました。しかし、熊吉の息子である清助が家永陶器の跡を継ぎ、家永陶器は明治時代から昭和時代にかけて、益子焼の代表的な窯元として活躍しました。

清助は、熊吉から受け継いだ技術と知識を基に、益子焼の新たな発展に努めました。清助は、益子焼の伝統的な技法を尊重しながらも、新しい技法やデザインを取り入れ、益子焼の新たな可能性を切り拓きました。また、清助は、益子焼の販路を拡大するため、積極的に海外に輸出しました。清助の努力により、益子焼は国内外で高い評価を得るようになりました。

清助は、昭和27年(1952年)に死去しましたが、清助の息子である家永利男が家永陶器の跡を継ぎ、家永陶器は現在も益子焼の代表的な窯元として活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました