岡岷山とは?【江戸時代中期の画家】

岡岷山とは?【江戸時代中期の画家】

岡岷山の生涯

岡岷山の生涯

-岡岷山の生涯-

岡岷山は、江戸時代中期の画家である。本名は岡本貞起、字は次古、号は岷山、別号に松洲、東湖などがある。

岷山は、1707年に近江国高島郡雲浜村(現・滋賀県高島市)に生まれた。彼の父親は、近江・高島藩に仕えていた。岷山は幼い頃から絵を好み、15歳の時には、京都に出て絵を学び始めた。

岷山は、京都で狩野派の画家である秋元春信に師事した。秋元春信は、狩野派の伝統的な画法に、明清画の影響を受けた新しい画風を取り入れたことで知られていた。岷山は、秋元春信から狩野派の画法を学んだだけでなく、明清画の画風も学んだ。

岷山は、秋元春信のもとで画力を伸ばし、20歳の頃には、独立して絵を描き始めた。岷山は、京都で活躍し、多くの作品を残した。

岷山は、山水画、花鳥画、人物画など、さまざまなジャンルの絵を描いた。彼の作品は、明清画の影響を受けた新しい画風で、当時の画壇に大きな影響を与えた。

岷山は、1763年に京都で亡くなった。享年56歳。

岷山の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されている。彼の作品は、明清画の影響を受けた新しい画風で、当時の画壇に大きな影響を与えた。

岡岷山の作風

岡岷山の作風

-岡岷山の作風-

岡岷山の作風は、琳派の画風を基礎としながらも、独自の画風を築き上げました。その特徴は、まず色彩の鮮やかさと華やかさです。琳派の画風はもともと色彩に優れているのですが、岡岷山はさらにそれを強調し、より華やかな画面を創り出しています。

また、岡岷山の作品にはユーモアや遊び心が感じられます。琳派の画風は比較的厳格な傾向があるのですが、岡岷山はそれを破って、自由な発想で作品を制作しました。その結果、彼の作品にはどこかユーモラスで遊び心のある雰囲気があります。

さらに、岡岷山の作品には叙情性が感じられます。琳派の画風はどちらかというと декораtive な傾向があるのですが、岡岷山はそこに叙情性を加えました。それは、彼の作品に描かれている景色や人物の表情などに表れています。

これらの特徴を兼ね備えた岡岷山の作品は、多くの人々に愛されました。そして、彼の画風は江戸時代中期の絵画に大きな影響を与え、琳派の画風の発展に貢献しました。

岡岷山の代表作

岡岷山の代表作

-岡岷山の代表作-

岡岷山の代表作は、以下の通りである。

* -宇治橋-
* -三十六歌仙-
* -豊臣秀吉図-
* -洛中洛外図-
* -鞍馬寺縁起絵巻-

これらの作品は、いずれも岷山の卓越した画才を遺憾なく発揮し、江戸時代の絵画史上、重要な位置を占めている。

* -宇治橋-は、岷山の初期の代表作で、宇治川の優美な風景を描いた作品である。岷山は、繊細な筆致で川の流れや山並み、橋の構造などを丁寧に描き込み、宇治川の美しさを余すところなく表現している。

* -三十六歌仙-は、平安時代から鎌倉時代にかけての著名な歌人を描いた連作であり、岷山の代表作の一つである。岷山は、それぞれの歌人の個性を捉えながら、優美で華やかな筆致で描き分け、三十六歌仙の生き生きとした姿を見事に表現している。

* -豊臣秀吉図-は、岷山が豊臣秀吉を描いた作品である。岷山は、秀吉の威厳ある姿を見事に描き出し、戦国時代の覇者の気概を表現している。

* -洛中洛外図-は、京都の街並みを俯瞰した作品で、岷山の代表作の一つである。岷山は、京都の街並みを細部にわたって丁寧に描き込み、その繁栄ぶりを余すところなく表現している。

* -鞍馬寺縁起絵巻-は、鞍馬寺の歴史を描いた絵巻物であり、岷山の代表作の一つである。岷山は、鞍馬寺の開祖である毘沙門天の降臨から、平安時代末期の鞍馬寺での戦いの様子まで、見事に描き分けている。

岡岷山の作品は、いずれも岷山の卓越した画才を遺憾なく発揮し、江戸時代の絵画史上、重要な位置を占めている。岷山の作品は、現在でも多くの人々に愛され、日本の美術史において、重要な役割を果たし続けている。

タイトルとURLをコピーしました