生島竹雨:大正から昭和にかけて活躍した日本画家

生島竹雨:大正から昭和にかけて活躍した日本画家

生島竹雨の生涯とキャリア

生島竹雨の生涯とキャリア

-生島竹雨の生涯とキャリア-

生島竹雨は、1885年(明治18年)に大阪で生まれました。本名は田中清次郎で、竹雨という雅号は、京都に移住した後に名付けられました。幼い頃から絵を描くことが好きで、15歳の時に京都市立絵画専門学校に入学しました。在学中に、日本画家の竹内栖鳳に師事し、日本画の基礎を学びました。

卒業後は、京都で日本画家として活動を始めました。1912年(大正元年)には、帝展に初入選を果たし、その後も帝展や文展で入選を重ねました。1922年(大正11年)には、日本美術院の会員に推挙されました。

1923年(大正12年)に関東大震災が発生すると、竹雨は京都から東京に移住しました。東京では、日本画家として活動を続けながら、東京美術学校で教鞭を執りました。1931年(昭和6年)には、帝展の審査員に任命されました。

1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終結すると、竹雨は京都に戻りました。京都では、日本画家の育成に尽力し、多くの弟子を育てました。1954年(昭和29年)には、文化勲章を受章しました。

竹雨は、1966年(昭和41年)に81歳で逝去しました。竹雨は、日本画壇に多大な貢献をした偉大な日本画家として、現在でも人々に親しまれています。

生島竹雨の作風と画集

生島竹雨の作風と画集

生島竹雨の作風と画集

生島竹雨は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家です。写生を重視し、日本の風景や風俗を描いた作品が多く、特に雪景色を得意としました。構図を工夫し、奥行きのある風景画を描くことに優れており、また人物画も得意としていました。

生島竹雨の作風は、伝統的な日本画の技法を基盤に、西洋絵画の要素も取り入れたものでした。色彩は明るく華やかで、雪景色を描いた作品には、積もった雪の冷たさと美しさが見事に表現されています。人物画もまた、人物の表情や動きを生き生きと捉えており、見る者の心を打つ作品となっています。

生島竹雨は、多くの画集を出版しています。その中でも代表的なのが、1936年に出版された「生島竹雨画集」です。この画集には、生島竹雨の初期から晩年までの代表作が収録されており、生島竹雨の画業を概観することができます。また、1953年に出版された「生島竹雨画集 雪」は、生島竹雨の雪景色を描いた作品を集めた画集です。この画集には、生島竹雨の雪景色に対する深い愛着が感じられます。

生島竹雨の画集は、現在でも多くの美術愛好家に親しまれています。彼の作品は、日本の自然の美しさや人々の暮らしをありのままに描き出したものであり、見る者の心に安らぎと感動を与えてくれます。

生島竹雨の作品が所蔵されている美術館

生島竹雨の作品が所蔵されている美術館

-生島竹雨の作品が所蔵されている美術館-

生島竹雨は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家です。その作品は、日本国内の多くの美術館に所蔵されています。主要な美術館をいくつか紹介します。

* 東京国立近代美術館
* 京都国立近代美術館
* 大阪市立美術館
* 名古屋市美術館
* 福岡市美術館

これらの美術館では、生島竹雨の代表的な作品を所蔵しています。東京国立近代美術館には、「緑蔭の雅談」や「雪中梅」などの代表作が所蔵されています。京都国立近代美術館には、「秋色」や「山水」などの作品が所蔵されています。大阪市立美術館には、「花鳥図」や「山水図」などの作品が所蔵されています。名古屋市美術館には、「秋景」や「花鳥図」などの作品が所蔵されています。福岡市美術館には、「山水図」や「花鳥図」などの作品が所蔵されています。

生島竹雨の作品は、いずれの美術館でも常設展示されているわけではありません。しかし、企画展などで展示されることが多いため、事前に美術館のウェブサイトなどで展示情報を調べてから訪問するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました