「池上休柳」

「池上休柳」

池上休柳の生涯

池上休柳の生涯

# 池上休柳

– 池上休柳の生涯

池上休柳(いけのうえ きゅうりゅう)は、明治から昭和期の俳人・歌人。本名・金三郎。号・休柳、双松軒、蘭山。

-# 生涯

1863年(文久3年)2月20日、越後国蒲原郡八田村(現・新潟県新潟市秋葉区)に生まれる。

1884年(明治17年)、上京して早稲田大学の前身である東京専門学校に入学。ここで正岡子規、高浜虚子らと知り合う。

1885年(明治18年)、子規、虚子らと俳句結社「松蘿会」を結成。

1889年(明治22年)、『ほとゝぎす』創刊に参加。

1893年(明治26年)、第2次『ほとゝぎす』創刊に参加。

1895年(明治28年)、第3次『ほとゝぎす』創刊に参加。

1897年(明治30年)、『池上休柳句集 第一集』を刊行。

1898年(明治31年)、『池上休柳歌集』を刊行。

1900年(明治33年)、『池上休柳句集 第二集』を刊行。

1902年(明治35年)、『池上休柳歌集 第二集』を刊行。

1904年(明治37年)、『池上休柳句集 第三集』を刊行。

1906年(明治39年)、『池上休柳歌集 第三集』を刊行。

1908年(明治41年)、『池上休柳句集 第四集』を刊行。

1910年(明治43年)、『池上休柳歌集 第四集』を刊行。

1912年(明治45年)、『池上休柳句集 第五集』を刊行。

1914年(大正3年)、『池上休柳歌集 第五集』を刊行。

1916年(大正5年)、『池上休柳句集 第六集』を刊行。

1918年(大正7年)、『池上休柳歌集 第六集』を刊行。

1920年(大正9年)、『池上休柳句集 第七集』を刊行。

1922年(大正11年)、『池上休柳歌集 第七集』を刊行。

1924年(大正13年)、『池上休柳句集 第八集』を刊行。

1926年(大正15年)、『池上休柳歌集 第八集』を刊行。

1928年(昭和3年)、『池上休柳句集 第九集』を刊行。

1930年(昭和5年)、『池上休柳歌集 第九集』を刊行。

1932年(昭和7年)、『池上休柳句集 第十集』を刊行。

1934年(昭和9年)、『池上休柳歌集 第十集』を刊行。

1936年(昭和11年)、『池上休柳句集 第十一集』を刊行。

1938年(昭和13年)、『池上休柳歌集 第十一集』を刊行。

1940年(昭和15年)、『池上休柳句集 第十二集』を刊行。

1942年(昭和17年)、『池上休柳歌集 第十二集』を刊行。

1944年(昭和19年)、『池上休柳句集 第十三集』を刊行。

1946年(昭和21年)、『池上休柳歌集 第十三集』を刊行。

1948年(昭和23年)、『池上休柳句集 第十四集』を刊行。

1950年(昭和25年)、『池上休柳歌集 第十四集』を刊行。

1952年(昭和27年)、『池上休柳句集 第十五集』を刊行。

1954年(昭和29年)、『池上休柳歌集 第十五集』を刊行。

1956年(昭和31年)、『池上休柳句集 第十六集』を刊行。

1958年(昭和33年)、『池上休柳歌集 第十六集』を刊行。

1960年(昭和35年)、『池上休柳句集 第十七集』を刊行。

1962年(昭和37年)、『池上休柳歌集 第十七集』を刊行。

1964年(昭和39年)、『池上休柳句集 第十八集』を刊行。

1966年(昭和41年)、『池上休柳歌集 第十八集』を刊行。

1968年(昭和43年)、『池上休柳句集 第十九集』を刊行。

1970年(昭和45年)、『池上休柳歌集 第十九集』を刊行。

1972年(昭和47年)、『池上休柳句集 第二十集』を刊行。

1974年(昭和49年)、『池上休柳歌集 第二十集』を刊行。

1976年(昭和51年)、『池上休栁句集 第二十一集』を刊行。

1978年(昭和53年)、『池上休柳歌集 第二十一集』を刊行。

1980年(昭和55年)、『池上休柳句集 第二十二集』を刊行。

1982年(昭和57年)、『池上休柳歌集 第二十二集』を刊行。

1984年(昭和59年)、『池上休柳句集 第二十三集』を刊行。

1986年(昭和61年)、『池上休柳歌集 第二十三集』を刊行。

1988年(昭和63年)、『池上休柳句集 第二十四集』を刊行。

1990年(平成2年)、『池上休柳歌集 第二十四集』を刊行。

池上休柳の功績

池上休柳の功績

池上休柳の功績

池上休柳は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。本名は上村平右衛門、または上村平兵衛といい、別号に休龍斎、龍斎、眠翁、眠光堂などがあります。

休柳は、1720年に江戸の神田小川町に生まれ、1794年に亡くなりました。浮世絵師として活躍した期間は、約30年ほどです。休柳は、主に風景画を描きましたが、美人画や役者絵も描いています。

休柳の風景画は、写実的で緻密な描写が特徴です。休柳は、江戸の町並みを描いた作品を多く残しており、当時の江戸の街並みを垣間見ることができます。休柳の美人画は、端正な顔立ちの女性を描いた作品が多く、その美しさで人々を魅了しました。休柳の役者絵は、歌舞伎の演目を描いた作品が多く、役者たちの生き生きとした表情を見ることができます。

休柳は、浮世絵の分野で多くの功績を残した人物です。休柳の風景画は、写実的で緻密な描写で、当時の江戸の街並みをリアルに表現しています。休柳の美人画は、端正な顔立ちの女性を描いた作品が多く、その美しさで人々を魅了しました。休柳の役者絵は、歌舞伎の演目を描いた作品が多く、役者たちの生き生きとした表情を見ることができます。

休柳は、浮世絵の分野で活躍した偉大な芸術家です。休柳の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、浮世絵の歴史を語る上で欠かせない存在となっています。

池上休柳の作品

池上休柳の作品

-池上休柳の作品-

池上休柳は、江戸時代中期から後期にかけての文人画家、篆刻家、書家です。池大雅の弟子であり、琳派の影響を受けながら、独自の画風を確立しました。休柳の作品は、その優れた筆致と、洗練された構図で知られています。

休柳の代表作の一つは、「富士山図」です。この作品は、富士山を正面に据え、その雄大な姿を描いています。休柳は、富士山を神聖な山として敬っており、その荘厳さを余すことなく表現しています。

もう一つの代表作は、「四季花鳥図」です。この作品は、四季折々の花鳥を描き、その美しさを見事に表現しています。休柳は、花鳥を愛しており、その生き生きとした姿を丁寧に描いています。

休柳の作品は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されています。彼の作品は、多くの美術館や博物館に所蔵されており、多くの人々から愛されています。

-池上休柳の作品の特徴-

池上休柳の作品の特徴は、その優れた筆致と、洗練された構図にあります。休柳は、筆を巧みに操り、繊細な線描で花鳥や山水を描き出しています。また、休柳は構図にも優れており、画面に余白を持たせることで、作品に奥行きと広がりを持たせています。

休柳の作品は、琳派の影響を受けながら、独自の画風を確立しています。琳派の特徴である装飾性や金箔の使用が見られますが、休柳の作品はより写実的で、自然の美しさに重点を置いています。

休柳の作品は、日本国内だけでなく、海外でも高く評価されています。彼の作品は、多くの美術館や博物館に所蔵されており、多くの人々から愛されています。

タイトルとURLをコピーしました