久津見晴嵐:明治-昭和時代前期の華道家、茶道家

久津見晴嵐:明治-昭和時代前期の華道家、茶道家

明治13年に福井で山本竹雲に師事

明治13年に福井で山本竹雲に師事

-明治13年に福井で山本竹雲に師事-

久津見晴嵐は、明治13年(1880年)に福井県で山本竹雲に師事しました。山本竹雲は、明治初期に活躍した華道家で、池坊の師範でもありました。久津見晴嵐は、山本竹雲のもとで華道の基礎を学び、明治17年(1884年)に上京して華道家の活動をスタートさせました。

久津見晴嵐は、上京後は、東京で華道の教室を開設し、多くの弟子を育てました。また、華道の展覧会にも積極的に参加し、明治23年(1890年)には、東京で開かれた「第1回全国華道大会」に出品して、入選を果たしました。

久津見晴嵐は、華道家として活躍するだけでなく、茶道家としても知られていました。明治27年(1894年)に、東京で茶道の教室を開設し、多くの弟子を育てました。また、茶道の展覧会にも積極的に参加し、明治32年(1899年)には、東京で開かれた「第1回全国茶道大会」に出品して、入選を果たしました。

久津見晴嵐は、明治-昭和時代前期を代表する華道家、茶道家として活躍しました。華道と茶道の両分野で活躍した久津見晴嵐は、日本の華道と茶道の発展に大きな貢献をした人物です。

竹雲が京都へ帰郷したのちに文房流華道・茶道を創始

竹雲が京都へ帰郷したのちに文房流華道・茶道を創始

-竹雲が京都へ帰郷したのちに文房流華道・茶道を創始-

久津見晴嵐は、1850年に京都で生まれ、1922年に亡くなった華道家、茶道家です。文房流華道・茶道の創始者として知られています。

晴嵐は、幼少の頃から華道と茶道を学び、18歳で上京して、華道界の重鎮である池坊專応に師事しました。1875年に、専応の養子となり、池坊家に入門しました。

1881年に、晴嵐は京都へ帰郷し、文房流華道・茶道を創始しました。文房流華道は、花器に文房用具や瀬戸物など、日用品を使うのが特徴です。茶道は、裏千家流を基本として、独自の工夫を加えたものでした。

晴嵐は、文房流華道・茶道を広く普及させ、多くの弟子を育てました。1903年に、文房流華道・茶道専門の学校である久津見華道茶道専門学校を設立しました。

晴嵐は、華道界と茶道界の発展に貢献した功績を称えられ、1918年に、勲六等瑞宝章を受章しました。

文房流華道・茶道は、現在でも多くの愛好者に親しまれています。晴嵐の功績は、今日でも受け継がれています。

友人に仙石亮がおり、昭和6年10月29日に78歳で死去

友人に仙石亮がおり、昭和6年10月29日に78歳で死去

-小見出し 友人に仙石亮がおり、昭和6年10月29日に78歳で死去-

久津見晴嵐は、明治-昭和時代前期の華道家、茶道家であり、友人には仙石亮がいました。昭和6年10月29日に78歳で死去しました。

仙石亮は、明治-大正時代の実業家、政治家で、華道家でもありました。彼は、久津見晴嵐と親交があり、お互いに影響を与え合いました。

久津見晴嵐は、華道と茶道を融合させた独自のスタイルを確立し、多くの弟子を育てました。また、彼は、茶室の設計にも携わり、近代茶道の発展に寄与しました。

仙石亮は、政治家として、衆議院議員や貴族院議員を務め、政府の要職も歴任しました。また、彼は、華道界でも活躍し、華道展覧会の開催や、華道雑誌の発行に尽力しました。

久津見晴嵐と仙石亮は、華道と茶道の発展に貢献した、明治-昭和時代前期を代表する人物です。両者は、互いに親交があり、お互いに影響を与え合いました。

タイトルとURLをコピーしました