国重 (5) – 江戸時代前期の刀工

国重 (5) – 江戸時代前期の刀工

国重 (5) の生涯と功績

国重 (5) の生涯と功績

国重 (5) の生涯と功績

国重 (5) は、江戸時代前期に活動した刀工で、本名は藤原よしやすです。寛永9年(1632年)に摂津国(現在の大阪府)に生まれ、延宝6年(1678年)に亡くなりました。

国重 (5) は、刀工の家に生まれ、父から刀鍛冶の技術を学びました。その後、京都に出て、刀工である吉井貞安に弟子入りしました。貞安は、山城伝の刀工で、その技術は高く評価されていました。国重 (5) は、貞安から刀鍛冶の技術を学び、その技術をさらに高めました。

寛文3年(1663年)、国重 (5) は、江戸に出て、刀鍛冶として独立しました。江戸は、当時の日本の政治・経済の中心地であり、多くの刀工が活躍していました。国重 (5) は、江戸で多くの刀を鍛造し、その技術は高く評価されました。

国重 (5) は、刀鍛冶として、多くの功績を残しました。その功績の一つが、後藤宗家との合作です。後藤宗家は、江戸時代初期に活躍した刀工で、その技術は高く評価されていました。国重 (5) は、後藤宗家と協力して、多くの刀を鍛造しました。その刀は、その高い技術で知られ、現在でも多くの刀剣収集家に愛されています。

国重 (5) は、江戸時代前期に活躍した刀工として、その技術を高く評価されました。その刀は、現在でも多くの刀剣収集家に愛されており、その功績は今もなお語り継がれています。

国重 (5) の作風の特徴

国重 (5) の作風の特徴

-国重 (5) の作風の特徴-

国重 (5) は、江戸時代前期の刀工であり、備前長船派の祖とされる人物です。

国重 (5) は、永禄2年(1559年)に備前長船に生まれました。幼名は久太郎清正で、父は国重 (4) です。国重 (5) は、初めは父に師事して刀鍛冶を学びましたが、その後、備前福岡一文字派の俗信房長重に師事して刀鍛冶の技を磨きました。

国重 (5) は、天正15年(1587年)に独立して刀鍛冶を始めました。国重 (5) の作風は、俗信房長重の作風を基本にしており、大和伝の作風を取り入れた華やかな作風が特徴です。

国重 (5) の刀は、反りが深く、身幅が狭く、鎬筋が立った姿をしています。地鉄は小板目肌が主体で、地沸がつき、刃文は直刃が基本ですが、互の目乱れや丁子乱れなども見られます。

国重 (5) の刀は、その華やかな作風と切れ味の良さから、多くの大名や武人に愛好されました。国重 (5) は、寛永19年(1642年)に84歳で亡くなりました。

国重 (5) の代表作としては、以下の作品があります。

* 太刀 銘国重 (5) 享保5年10月日
* 刀 無銘 一文字 (国重 (5)) 寛永4年4月吉日
* 脇差 無銘 一文字 (国重 (5)) 元和7年5月吉日

国重 (5) の刀は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、その華やかな作風と切れ味の良さから、多くの人々に愛好されています。

国重 (5) の代表作

国重 (5) の代表作

-国重 (5) の代表作-

国重 (5) は、江戸時代前期の刀工で、相州伝を基調とした作風が特徴です。彼の代表作には、以下のようなものがあります。

-太刀 銘 国重 (5)-

この太刀は、国重 (5) が寛永10年 (1633 年) に作ったもので、長さ 2 尺 3 寸 5 分、反り 11 分です。身幅は広く、鎬筋は高く、重ねは厚く、鋒は切っ先が延びています。地肌は板目肌で、刃文は互の目に小互の目や丁子などが交じっています。帽子は乱れ込み、茎は生ぶで、目釘穴は 1 個です。

-刀 銘 国重 (5)-

この刀は、国重 (5) が正保元年 (1644 年) に作ったもので、長さ 2 尺 1 寸 5 分、反り 8 分です。身幅は広く、鎬筋は高く、重ねは厚く、鋒は切っ先が延びています。地肌は板目肌で、刃文は互の目に小互の目や丁子などが交じっています。帽子は乱れ込み、茎は生ぶで、目釘穴は 1 個です。

-脇差 銘 国重 (5)-

この脇差は、国重 (5) が慶安元年 (1648 年) に作ったもので、長さ 1 尺 7 寸 5 分、反り 6 分です。身幅は広く、鎬筋は高く、重ねは厚く、鋒は切っ先が延びています。地肌は板目肌で、刃文は互の目に小互の目や丁子などが交じっています。帽子は乱れ込み、茎は生ぶで、目釘穴は 1 個です。

国重 (5) の代表作は、いずれも相州伝を基調とした作風が特徴です。彼の刀は、切れ味と耐久性に優れていることから、多くの武人に愛用されました。

タイトルとURLをコピーしました