国正(3代) – 江戸時代前期-中期の刀工

国正(3代) – 江戸時代前期-中期の刀工

伊予(愛媛県)宇和島の刀工

伊予(愛媛県)宇和島の刀工

-国正(3代) – 江戸時代前期-中期の刀工-
-# -伊予(愛媛県)宇和島の刀工-
国正(3代)は、江戸時代前期に活躍した刀工です。名は正義、通称は藤七。伊予国宇和島(現在の愛媛県宇和島市)に生まれ、京都で修行した後、江戸を経て宇和島に戻りました。国正(3代)は、伊予国の刀工として初めて、備前伝の刀を制作したことで有名です。備前伝は、備前国(現在の岡山県)で作られた刀のことで、切れ味と耐久性に優れていることで知られています。国正(3代)は、備前伝の刀を制作することで、伊予国の刀工の地位を向上させました。

国正(3代)の刀は、切れ味と耐久性に優れており、多くの武将や剣客から愛用されました。特に、肥後国(現在の熊本県)の武将、加藤清正は、国正(3代)の刀を気に入り、愛刀として使用していました。加藤清正は、国正(3代)の刀を使って数々の戦いで勝利し、その功績を称えられました。

-作風-

国正(3代)の刀は、備前伝の刀の作風を忠実に受け継いでいます。刀身は、細身で反りが浅く、地鉄は板目肌が中心に流れています。刃文は、直刃や小乱刃が中心です。国正(3代)の刀は、切れ味と耐久性に優れており、多くの武将や剣客から愛用されました。

-代表作-

国正(3代)の代表作には、以下のものがあります。

* -「国正銘長船忠吉作」-加藤清正が愛刀として使用していた刀です。刀身は、細身で反りが浅く、地鉄は板目肌が中心に流れています。刃文は、直刃が中心です。
* -「国正銘吉道作」-徳川家康が所持していた刀です。刀身は、細身で反りが浅く、地鉄は板目肌が中心に流れています。刃文は、小乱刃が中心です。

これらの刀は、国正(3代)の刀工としての卓越した技術を証明するものです。

-評価-

国正(3代)は、江戸時代前期を代表する刀工の一人です。備前伝の刀の作風を忠実に受け継ぎ、切れ味と耐久性に優れた刀を制作しました。国正(3代)の刀は、多くの武将や剣客から愛用され、その功績を称えられました。

「駿河守(するがのかみ)藤原国正」銘で知られる

「駿河守(するがのかみ)藤原国正」銘で知られる

-駿河守(するがのかみ)藤原国正-銘で知られる

国正(3代)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した刀工です。本名は藤原国正といい、駿河国志太郡岡部(現在の静岡県島田市)に生まれました。

国正は、はじめ甲斐国で刀工として修行し、のちに江戸に出て、初代堀川国広のもとでさらに修行を積みました。国広の没後は、その跡を継いで堀川派の棟梁となりました。

国正は、新刀最上作の刀工として知られており、その作風は、初代堀川国広を継承しつつ、独自の工夫を凝らしたものです。国正の刀は、地鉄が良くしまっていて、刃紋は華やかですが、その中にしっかりと締まりがあります。

国正は、特に「駿河守(するがのかみ)藤原国正」銘で知られており、この銘の刀は、国正の最上の作とされています。駿河守(するがのかみ)藤原国正銘の刀は、徳川家康や徳川秀忠など、歴代将軍に献上されたとも伝えられています。

国正は、享保11年(1726年)に84歳で没しました。国正の死後、堀川派は衰退していきましたが、その作風は、後の刀工に大きな影響を与えました。

2代は兼正を称し,4代以後は国正を襲名,幕末までつづいた

2代は兼正を称し,4代以後は国正を襲名,幕末までつづいた

-国正(3代) – 江戸時代前期-中期の刀工-

-2代は兼正を称し,4代以後は国正を襲名,幕末までつづいた-

国正は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した刀工です。肥後国熊本藩の藩工を務め、薩摩・琉球でも作刀を行いました。本名は田中国正で、号は来国正。作風は、肥後国来国俊を模倣したもので、地鉄は小板目肌、刃文は直刃が中心ですが、互の目や丁子刃を交えることもあります。

国正は、初代国正の弟である兼正を父として、1609年(慶長14年)に生まれました。1624年(寛永元年)に父兼正から刀鍛冶の技を受け継ぎ、1632年(寛永9年)に「国正」の名跡を継承しました。国正は、肥後国熊本藩の藩工を務め、薩摩国と琉球国でも作刀を行いました。

国正は、作刀においては、肥後国来国俊を模倣した作風を得意としました。国正の地鉄は、小板目肌が中心ですが、柾肌や杢目肌も交じることがあります。国正の刃文は、直刃が中心ですが、互の目や丁子刃を交えることもあります。国正の刀は、切れ味と耐久性に優れており、江戸時代には名刀として珍重されました。

国正は、1682年(天和2年)に74歳で亡くなりました。国正の死後、国正の名跡は、4代国正、5代国正、6代国正と受け継がれ、幕末まで続きました。国正の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、刀剣愛好家から高い人気を博しています。

タイトルとURLをコピーしました