池長孟(1891-1955) – 美術品収集家

池長孟(1891-1955) – 美術品収集家

池長孟の生涯

池長孟の生涯

– 池長孟の生涯

池長孟は1891年5月13日、沖縄県の那覇市で生まれました。池長家は戦国時代まで遡る沖縄の老舗の酒造家「菊の露」を営んでいました。孟は1916年、同市にあった沖縄県立第一中学校(現在の沖縄県立首里高等学校)を卒業。

1919年、渡米し、カリフォルニア大学バークレー校に入学。経済学を専攻し、1923年に学士号を取得して卒業しました。1926年、東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科に入学し、1931年に卒業しました。

卒業後は、画家として活躍する傍ら、美術品を収集し始めました。1935年、東京に「池長美術館」を設立。浮世絵、日本画、西洋画など、幅広いジャンルの作品を所蔵していました。

1955年10月8日、神奈川県藤沢市の自宅で死去。享年64。池長美術館は、1966年に閉館しました。その後、所蔵品は日本各地の美術館に寄贈されました。

池長孟は、日本の美術界に多大な功績を残した人物です。美術品収集家として、浮世絵、日本画、西洋画など、幅広いジャンルの作品を所蔵し、1935年には東京に「池長美術館」を設立しました。画家としては、1931年に東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科を卒業し、その後は画家として活躍しました。

池長孟の美術品収集

池長孟の美術品収集

池長孟の美術品収集

池長孟は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本の美術品収集家です。彼が収集した美術品は、約1万点にのぼると言われており、その中には、国宝や重要文化財に指定されているものも多数含まれています。

池長孟は、1891年に東京に生まれました。父親は、株式仲買人であり、裕福な家庭で育ちました。池長孟は、若い頃から美術品に興味を持ち、1910年に渡欧した際に、ヨーロッパ各地の美術館や画廊を訪ねて美術品を収集し始めました。

池長孟が収集した美術品は、主に絵画や彫刻、工芸品などです。特に、浮世絵や掛け軸、書画などを多く収集しており、その中には、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」や、歌川広重の「東海道五拾三次」などの名作も含まれています。

池長孟は、1955年に東京で亡くなりました。池長孟が収集した美術品は、現在、東京国立博物館や京都国立博物館などに所蔵されており、一般公開されています。

池長孟の寄贈

池長孟の寄贈

池長孟の寄贈

池長孟は、日本の美術品収集家であり、関西美術界の中心的存在でもありました。彼は1891年に大阪に生まれ、大阪市立美術館の初代館長を務めました。また、大阪の御堂筋に「藝艸堂」という美術館を開設し、自身の収集品を展示していました。

池長孟は、1936年に「藝艸堂」を大阪市に寄贈しました。この寄贈には、日本画、洋画、彫刻、工芸品など、約3,000点の作品が含まれていました。寄贈された作品は、大阪市立美術館のコレクションに加えられ、現在でも多くの作品が展示されています。

池長孟の寄贈は、大阪の美術文化の発展に大きく貢献しました。大阪市立美術館は、池長孟の寄贈によって、日本有数の美術館の1つとなりました。また、「藝艸堂」は、大阪の美術界の中心地として、多くの芸術家を輩出しました。

池長孟は、日本の美術文化の発展に貢献した功績が称えられ、1955年に文化勲章を受賞しました。

タイトルとURLをコピーしました