久保祖舜:香川が生んだ名陶芸家

久保祖舜:香川が生んだ名陶芸家

幕末から大正にかけて活躍した陶芸家

幕末から大正にかけて活躍した陶芸家

– 幕末から大正にかけて活躍した陶芸家

久保祖舜は、幕末から大正にかけて活躍した陶芸家です。香川県高松市に生まれ、幼い頃から絵を描くことを好みました。18歳で京都に出て、陶芸家の清水六兵衛に師事しました。その後、高松に戻り、自宅を改装して窯を築き、作陶に励みました。

久保祖舜の作品は、中国や朝鮮の陶磁器の影響を受けながら、独自の作風を確立しました。特に、青磁と白磁を得意とし、その作品は「久保祖焼」と呼ばれて珍重されました。

久保祖舜は、明治時代には、内国勧業博覧会や在外共進会に出品し、数々の賞を受賞しました。また、大正時代には、高松市に陶芸研究所を設立し、後進の指導にもあたりました。

久保祖舜は、1924年に亡くなりましたが、その作品は現在もなお、人々に愛され続けています。高松市には、久保祖舜記念館があり、久保祖舜の作品や資料を展示しています。

久保祖舜は、香川県が誇る偉大な陶芸家であり、その作品は、日本の陶芸史に燦然と輝いています。

小豆島で寒霞渓焼を、高松市で屋島焼を創始

小豆島で寒霞渓焼を、高松市で屋島焼を創始

– 小豆島で寒霞渓焼を、高松市で屋島焼を創始

香川県は、古くから瀬戸内海で活躍する陶工たちが集まり、やきもの文化が盛んな土地柄でした。その中でも、久保祖舜(くぼそしゅん)は、香川県を代表する名陶芸家として知られています。

久保祖舜は、1885年(明治18年)に、香川県小豆島に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、16歳の時に東京へ出て、日本美術学校で絵画を学びました。しかし、その後、やきものに興味を持ち、東京美術学校を中退して、瀬戸内海の島々をめぐってやきものの勉強をしました。

1912年(大正元年)、久保祖舜は、小豆島の寒霞渓に窯を開き、寒霞渓焼を創始しました。寒霞渓焼は、瀬戸内海の土と釉薬を使って作られた素朴なやきもので、その美しさから瞬く間に人気を集めました。

1922年(大正11年)、久保祖舜は、高松市に窯を移し、屋島焼を創始しました。屋島焼は、寒霞渓焼よりも洗練されたやきもので、その繊細な美しさから、皇室や海外でも高く評価されました。

久保祖舜は、1965年(昭和40年)に亡くなりましたが、その作品は今も多くの人々に愛されています。香川県の陶芸文化の発展に大きく貢献した久保祖舜は、香川が生んだ名陶芸家として、その功績を称えられています。

子富三郎と孫駒太郎も陶芸家として活躍

子富三郎と孫駒太郎も陶芸家として活躍

-子富三郎と孫駒太郎も陶芸家として活躍-

久保祖舜の息子である久保祖富三郎は、父から陶芸の技術を学び、1915年に独自の窯を開いた。富三郎は、父から受け継いだ伝統的な技法に加えて、新しい釉薬や装飾を開発し、独特の作風を確立した。富三郎の作品は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞した。

富三郎の息子である久保祖駒太郎も、陶芸家として活躍した。駒太郎は、父から陶芸の技術を学び、1940年に独自の窯を開いた。駒太郎は、伝統的な技法を重視しながらも、新しい表現にも挑戦し、独自の作風を確立した。駒太郎の作品も、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞した。

久保祖舜とその息子である富三郎と駒太郎は、香川県の陶芸界に大きな足跡を残した。彼らの作品は、現在でも多くの人々に愛されており、日本の陶芸史において重要な位置を占めている。

-富三郎の作風-

富三郎の作風は、端正で落ち着いた雰囲気の作品が多い。富三郎は、伝統的な技法を重視しながらも、新しい釉薬や装飾を開発し、独特の作風を確立した。富三郎の作品は、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞した。

-駒太郎の作風-

駒太郎の作風は、大胆で力強い作品が多い。駒太郎は、伝統的な技法を重視しながらも、新しい表現にも挑戦し、独自の作風を確立した。駒太郎の作品も、国内外で高く評価され、多くの賞を受賞した。

タイトルとURLをコピーしました