赤坂忠時:江戸時代中期の装剣金工

赤坂忠時:江戸時代中期の装剣金工

赤坂忠時の生涯

赤坂忠時の生涯

赤坂忠時江戸時代中期の装剣金工

小見出し赤坂忠時の生涯

赤坂忠時は備前国(現在の岡山県)の人です。彼は江戸時代前期の寛永年間(1624-1644)に生まれ、後に京都に移住して装剣金工の仕事に従事しました。 忠時さんは、京都の御所や寺社、大名家などから依頼を受けて、刀の鞘や鍔、小柄などを作りました。彼の作品は、細かな細工や装飾が特徴的であり、大変高く評価されました。

忠時さんは、元禄年間(1688-1704)に亡くなりました。享年70歳でした。彼の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その技術の高さは今もなお多くの人々を魅了しています。

赤坂忠時の生涯を振り返ると、彼は大変勤勉で努力家な人であったことがわかります。彼は、常に新しい技術を学び、自分の作品を向上させることに努めました。また、彼はお客様の要望に応えることを第一とし、丁寧な仕事ぶりで知られていました。

赤坂忠時の作品は、江戸時代中期の装剣金工の最高峰とされています。彼の作品は、細かな細工や装飾が特徴的であり、大変高く評価されました。

忠時さんは、京都の御所や寺社、大名家などから依頼を受けて、刀の鞘や鍔、小柄などを作りました。彼の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その技術の高さは今もなお多くの人々を魅了しています。

赤坂派鐔工としての功績

赤坂派鐔工としての功績

赤坂派鐔工としての功績

赤坂忠時は、江戸時代中期の装剣金工。赤坂派鐔工の祖として知られる。

忠時は、武蔵国赤坂(現在の東京都港区赤坂)に生まれた。父は赤坂与兵衛といい、刀装具の彫金師であった。忠時は父から彫金術を学び、後に独立して鐔工となった。

忠時の鐔は、鉄地を鍛造して素文にしたもので、その表面に金や銀、銅などの金属を象嵌して文様を表現している。忠時の鐔は、精巧な細工と美しい文様で知られ、多くの武人に愛用された。

忠時の鐔は、主に花鳥風月や山水、人物などの文様で飾られている。忠時の鐔は、その文様の美しさだけでなく、その機能美も高く評価されている。

忠時は、鐔の製作だけでなく、刀装具の製作にも携わった。忠時の刀装具は、鐔と同様に精巧な細工と美しい文様で知られている。

忠時は、江戸時代中期の装剣金工を代表する人物であり、赤坂派鐔工の祖として知られている。忠時の鐔は、その精巧な細工と美しい文様で知られ、多くの武人に愛用された。

赤坂派の発展への貢献

赤坂派の発展への貢献

-赤坂派の発展への貢献-

赤坂忠時は、赤坂派の創始者であり、江戸時代中期の装剣金工です。彼は、写実的な彫刻と華やかな装飾で知られており、その作品は多くのコレクターに愛されています。

赤坂忠時は、1671年に京都で生まれました。彼は、幼い頃から金工の技術を学び、やがて装剣金工として独立しました。彼は、写実的な彫刻と華やかな装飾で知られるようになり、その作品は多くの武家や大名に愛されました。

赤坂忠時は、赤坂派の創始者であり、その発展に大きな貢献をしました。彼は、写実的な彫刻と華やかな装飾で知られ、その作品は多くのコレクターに愛されています。彼は、多くの弟子を育て、赤坂派は江戸時代中期から後期にかけて、装剣金工の世界で大きな勢力を持つようになりました。

赤坂忠時は、1741年に亡くなりました。しかし、彼の作品は今でも多くの人々に愛されており、その功績は今もなお語り継がれています。

赤坂忠時は、赤坂派の発展に貢献しただけでなく、日本の装剣金工の歴史にも大きな影響を与えました。彼は、写実的な彫刻と華やかな装飾で知られ、その作品は多くの武家や大名に愛されました。

赤坂忠時の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました