石黒政美(初代) – 江戸時代後期の装剣金工

石黒政美(初代) – 江戸時代後期の装剣金工

佐野直好と初代石黒政常に師事

佐野直好と初代石黒政常に師事

-佐野直好と初代石黒政常に師事-

石黒政美は、江戸時代後期の装剣金工である。肥後国八代郡一勝地村(現・熊本県八代市)の鍛冶の家に生まれ、幼い頃から家業を手伝っていた。18歳のとき、江戸に出て佐野直好に師事し、装剣金工の技術を学んだ。その後、初代石黒政常に師事し、さらに技術を磨いた。

佐野直好は、江戸時代前期の装剣金工である。肥後国八代郡一勝地村(現・熊本県八代市)の鍛冶の家に生まれ、幼い頃から家業を手伝っていた。15歳のとき、江戸に出て、装剣金工の技術を学んだ。その後、京都に移り住み、装剣金工としての地位を確立した。

初代石黒政常は、江戸時代中期の装剣金工である。肥後国八代郡一勝地村(現・熊本県八代市)の鍛冶の家に生まれ、幼い頃から家業を手伝っていた。18歳のとき、江戸に出て、佐野直好に師事し、装剣金工の技術を学んだ。その後、京都に移り住み、装剣金工としての地位を確立した。

石黒政美は、佐野直好と初代石黒政常に師事し、装剣金工としての技術を身に着けた。そして、江戸で独立して、装剣金工として活躍した。石黒政美の作品は、精緻な細工と美しい意匠が特徴で、多くの武家や大名から愛好された。

薩摩鹿児島藩主島津家の抱え工として活躍

薩摩鹿児島藩主島津家の抱え工として活躍

薩摩鹿児島藩主島津家の抱え工として活躍

薩摩藩主島津家は、文政11年(1828年)に、京都から石黒政美(初代)を大坂を経由して鹿児島に呼び招き、抱え工として藩士の佩用する刀装具製作にあたらせました。政美は、江戸時代後期を代表する装剣金工の一人で、薩摩藩主島津家の抱え工として活躍し、数多くの名品を残しました。

石黒政美(初代)は、京都生まれで、江戸初期に薩摩に下向した装剣金工・石黒家の出身です。初代政美は、幼い頃から刀装具製作を学び、優れた技術を身につけていました。薩摩藩主島津家の抱え工となった後は、藩士の佩用する刀装具製作に専念し、数多くの名品を残しました。

政美の作品は、精巧な細工と華麗な装飾が特徴です。特に、肥後象嵌(ひごぞうがん)と金銀錯(きんぎんぞう)を得意とし、これらを駆使して、美しい刀装具を製作しました。政美の作品は、薩摩藩主島津家をはじめ、多くの武家や公家から愛好され、江戸時代後期を代表する装剣金工の一人として、その名を馳せました。

政美は、薩摩藩主島津家の抱え工として活躍する一方で、後進の指導にも努めました。政美の弟子には、石黒政美(2代)、石黒政之、石黒政孝など、優秀な装剣金工が多く輩出し、薩摩における装剣金工の伝統を支えました。

政美の作品は、現在でも多くの美術館や博物館で所蔵されており、その精巧な細工と華麗な装飾は、多くの人々を魅了しています。政美は、江戸時代後期を代表する装剣金工の一人で、その作品は、今日でも高く評価されています。

本姓は岡本、通称は庄蔵、号は寿岳斎, 寿翁斎など

本姓は岡本、通称は庄蔵、号は寿岳斎, 寿翁斎など

-本姓は岡本、通称は庄蔵、号は寿岳斎, 寿翁斎など-

石黒政美(初代)は、本姓は岡本、通称は庄蔵、号は寿岳斎, 寿翁斎などと言われています。彼は、江戸時代後期の装剣金工で、特に刀装具の制作に優れていました。

石黒政美(初代)は、寛政10年(1798年)に江戸で生まれました。彼は、はじめは刀鍛冶を目指して修行を始めましたが、後に装剣金工に転じました。

石黒政美(初代)は、刀装具の制作に独自の工夫を凝らし、また、伝統的な技法を忠実に受け継ぎました。そのため、彼の作品は、優美で精巧な作風で知られるようになりました。

石黒政美(初代)は、嘉永元年(1848年)に亡くなりましたが、彼の作品は現在でも高く評価されています。彼の作品は、日本の主要な博物館や美術館に所蔵されており、海外でも高い評価を得ています。

石黒政美(初代)は、江戸時代後期の装剣金工を代表する人物の一人であり、彼の作品は、日本の伝統工芸の傑作として、後世に受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました