延均師 – 奈良時代の伎楽の面作者

延均師 – 奈良時代の伎楽の面作者

延均師の経歴と活動

延均師の経歴と活動

延均師の経歴と活動

延均師は、奈良時代の伎楽の面作者です。生年・没年・出生地などは不明ですが、法隆寺に伝わる伎楽面66面の作者とされています。

延均師が活躍した時代は、伎楽が唐から日本に伝わり、盛んに行われていた時期です。伎楽は、音楽や舞踊を備えた演劇で、宮廷や寺社などで上演されました。

延均師は、伎楽の面を制作することで、伎楽の普及に貢献しました。延均師が制作した面は、木製で、彩色が施されています。面の表情は、非常に豊かで、伎楽のキャラクターを生き生きと表現しています。

延均師の面は、法隆寺に伝わる伎楽面66面以外にも、全国各地の寺院や博物館に所蔵されています。延均師の面は、伎楽の歴史を知る上で貴重な資料であり、また、日本の美術史上においても重要な作品です。

延均師の面の特徴

延均師が制作した面の特徴は、次のとおりです。

* 木製で、彩色が施されている
* 表情が非常に豊かで、伎楽のキャラクターを生き生きと表現している
* 細部まで丁寧に作り込まれており、非常に精巧である

延均師の面は、その美しさから、古くから多くの人々に愛されてきました。延均師の面は、現在でも、法隆寺や全国各地の寺院や博物館で展示されており、多くの人々がその美しさに魅了されています。

延均師の伎楽面の特徴

延均師の伎楽面の特徴

延均師の伎楽面の特徴

延均師の伎楽面の特徴は、以下の通りです。

* 写実性延均師の伎楽面は、人物の表情や仕草を忠実に再現しています。これは、延均師が実際に伎楽を鑑賞して、その様子を写し取ったためと考えられています。
* 力強さ延均師の伎楽面は、力強い表現が特徴です。これは、延均師が伎楽の激しさを表現するため、あえて誇張した表現を用いたためと考えられています。
* 華麗さ延均師の伎楽面は、華麗な装飾が施されています。これは、延均師が伎楽の華やかさを表現するため、金箔や彩色をふんだんに使用したためと考えられています。

延均師の伎楽面は、奈良時代の伎楽の貴重な資料であり、その芸術性の高さから、現在でも多くの人々に愛されています。

延均師の伎楽面は、現在でも多くの寺社に所蔵されています。中でも、奈良県の東大寺や興福寺、京都府の醍醐寺などに所蔵されている伎楽面は、延均師の作品として特に有名です。

延均師の伎楽面は、その写実性、力強さ、華麗さから、奈良時代の伎楽の貴重な資料であり、その芸術性の高さから、現在でも多くの人々に愛されています。

延均師の伎楽面がのこされている場所

延均師の伎楽面がのこされている場所

-延均師の伎楽面がのこされている場所-

延均師は、奈良時代の伎楽の面作者として知られています。延均師の伎楽面は、奈良県の東大寺や興福寺、京都府の広隆寺や仁和寺など、全国各地に残されています。

-東大寺-

東大寺は、奈良市にある華厳宗の大本山です。東大寺には、延均師作の伎楽面が数多く残されています。その中でも、最も有名なのが「伎楽面二十四面」です。伎楽面二十四面は、伎楽で使われる面で、延均師が743年に作りました。伎楽面二十四面は、東大寺の宝物館に所蔵されています。

-興福寺-

興福寺は、奈良市にある法相宗の大本山です。興福寺には、延均師作の伎楽面が数多く残されています。その中でも、最も有名なのが「伎楽面十五面」です。伎楽面十五面は、伎楽で使われる面で、延均師が748年に作りました。伎楽面十五面は、興福寺の宝物館に所蔵されています。

-広隆寺-

広隆寺は、京都市にある真言宗御室派の大本山です。広隆寺には、延均師作の伎楽面が数多く残されています。その中でも、最も有名なのが「伎楽面十二面」です。伎楽面十二面は、伎楽で使われる面で、延均師が753年に作りました。伎楽面十二面は、広隆寺の宝物館に所蔵されています。

-仁和寺-

仁和寺は、京都市にある真言宗御室派の大本山です。仁和寺には、延均師作の伎楽面が数多く残されています。その中でも、最も有名なのが「伎楽面六面」です。伎楽面六面は、伎楽で使われる面で、延均師が758年に作りました。伎楽面六面は、仁和寺の宝物館に所蔵されています。

延均師の伎楽面は、奈良時代の伎楽の面作者としての高い技術と芸術性を示す貴重な作品です。延均師の伎楽面は、全国各地に残されており、東大寺や興福寺、広隆寺、仁和寺などの宝物館で鑑賞することができます。

タイトルとURLをコピーしました