– 遠藤貫周

– 遠藤貫周

生誕地(居住地)

生誕地(居住地)

-生誕地(居住地)-

遠藤貫周は、1887年7月1日、長野県上伊那郡箕輪町(現・伊那市)に生まれました。箕輪町は、長野県の南部に位置する町で、中央アルプスに囲まれた自然豊かな地域です。遠藤は、この地で育ち、1906年に伊那高等小学校を卒業しました。その後、上京して東京帝国大学法学部に入学し、1910年に卒業しました。卒業後は、司法省に入って判事として働き、1924年に大審院判事に任命されました。1934年に退官するまで、大審院判事として活躍しました。

退官後は、弁護士として活動し、また、1946年から1948年まで、貴族院議員を務めました。1950年に死去するまで、東京に住んでいました。

生涯

生涯

-生涯-

遠藤貫周は、1877年3月15日に愛知県名古屋市で生まれました。父は遠藤源七、母はくにです。父は書道家であり、貫周も幼少の頃から書を学び始めました。1891年、貫周は名古屋市立第一中学校に入学しました。中学時代は野球部に所属し、主将を務めるなど活躍しました。

1896年、貫周は東京帝国大学法科大学に入学しました。大学時代は剣道部に所属し、主将を務めるなど活躍しました。1900年、貫周は大学を卒業し、司法官試補に任命されました。その後、東京地方裁判所判事、横浜地方裁判所判事など、各地の裁判所で勤務しました。

1908年、貫周は欧米各国を視察しました。視察後、貫周は司法省に戻り、刑事局長などを歴任しました。1922年、貫周は東京控訴院長に任命されました。東京控訴院長時代、貫周は東京大学で刑法を講義しました。

1926年、貫周は最高裁判所判事に任命されました。最高裁判事時代、貫周は多くの重要判決に関与しました。1938年、貫周は最高裁判所長官に就任しました。最高裁判所長官時代、貫周は裁判所の独立を維持するために努力しました。

1946年、貫周は最高裁判所長官を退任しました。退任後は弁護士として活動しました。1951年、貫周は死去しました。享年74歳でした。

作品

作品

-作品-

遠藤貫周の作品は、その繊細なタッチと抒情的な美しさで知られている。彼は、主に風景画や静物画を描き、その作品には、自然の美しさと人生の儚さが表現されている。

遠藤貫周の代表作の一つは、「月の光」という作品である。この作品は、満月の夜に描かれたもので、月明かりに照らされる森の風景が描かれている。森の木々は風に揺れており、月明かりによってその葉が透けて見える。この作品には、静寂と安らぎの雰囲気が漂っており、見る者を魅了する。

もう一つの代表作は、「花瓶の花」という作品である。この作品は、花瓶に挿された花の絵である。花瓶には、様々な種類の花が挿されており、それぞれの花がそれぞれの色と形を表現している。この作品には、生命の喜びと美しさが表現されており、見る者に元気を与えてくれる。

遠藤貫周の作品は、国内外の美術館や個人所蔵者に所蔵されている。また、彼の作品は、多くの賞を受賞しており、その功績は高く評価されている。

遠藤貫周は、日本の洋画界に大きな足跡を残した画家である。彼の作品は、その繊細なタッチと抒情的な美しさで人々を魅了し、これからも長く愛され続けるであろう。

タイトルとURLをコピーしました