赤松眉公

赤松眉公

赤松眉公の生涯

赤松眉公の生涯

赤松眉公の生涯

赤松眉公は、室町時代中期に備前国(現在の岡山県東部)を治めた守護大名です。幼名は次郎、諱は則村、通称は次郎左衛門尉。備前守護を歴任した赤松則家の子として生まれ、兄の赤松満祐の養子となりました。

赤松眉公は、兄の満祐が嘉吉の乱で足利義教に謀殺されると、備前守護職を継ぎました。しかし、その後、足利義政の命を受けた細川勝元によって攻められ、備前国を追放されました。

その後、赤松眉公は、備前国を奪還するために、山名宗全や大内政弘と手を組み、応仁の乱を起こしました。応仁の乱は、11年間にわたって続き、京都や畿内は戦火に包まれました。

応仁の乱の後、赤松眉公は、備前国に帰還し、守護職に復帰しました。しかし、その後まもなく病没し、その死後、赤松家は衰退していきました。

赤松眉公は、応仁の乱を起こした人物として知られていますが、一方で、優れた和歌の作者でもありました。彼の和歌は、優美で情趣に富んでおり、現在でも高く評価されています。

赤松眉公は、室町時代中期に活躍した、波乱に満ちた生涯を送った人物でした。彼の生涯は、戦乱の世の武士の生きざまを象徴しています。

赤松眉公の篆刻の特徴

赤松眉公の篆刻の特徴

赤松眉公の篆刻の特徴

赤松眉公は、江戸時代後期の篆刻家である。名は丹、字は玉甫、通称は眉公、号は華泉、椿堂、椿園、松寿堂、七十九翁など。「少きより書を能くし、篆刻を好む。李梅庵に師事して、篆額を作る。漢魏の印を集めて帖となす。蒲松齢『聊斎志異』の訳書、自作詩文など、その著書は甚だ多い」と、『篆刻家辞典』には解説されている。その篆刻は、師である李梅庵のほか、秦漢時代の古印を学んだと推測される、古印を参考にして印風を築き上げた。印文は、篆隷のほかに古文・甲骨文、時には楷書なども用いている。印材は寿山石、田黄石、象牙、水晶など、さまざまな素材を用いた。

赤松眉公の篆刻の特徴は以下の通りである。

1. 古印を参考にしている
赤松眉公の篆刻は、秦漢時代の古印を参考にして印風を築き上げた。古印の古拙な味わいや力強さを重視し、それを自分の篆刻に取り入れた。

2. 印文が多様である
赤松眉公の篆刻の印文は、篆隷のほかに古文・甲骨文、時には楷書なども用いている。篆隷は、秦漢時代の古印に多く見られる文字であり、古文は、それよりも古い時代の文字である。甲骨文は、殷時代の亀の甲羅や牛の骨などに刻まれた文字であり、楷書は、現代に使われている文字である。赤松眉公は、これらのさまざまな種類の文字を駆使して、独創的な印文を作った。

3. 印材が多様である
赤松眉公の篆刻の印材は、寿山石、田黄石、象牙、水晶など、さまざまな素材を用いた。寿山石は、福建省寿山村で産出される石材であり、田黄石は、福建省寿山村で産出される黄色の石材である。象牙は、ゾウの牙であり、水晶は、石英の一種である。赤松眉公は、これらのさまざまな種類の印材を使って、さまざまな表情の印を彫った。

赤松眉公の篆刻は、古印の古拙な味わいや力強さを重視し、印文や印材にこだわって彫られたものである。その独創的な印風は、多くの篆刻家に影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました