赤松光信→ 讃岐の陶芸家

赤松光信→ 讃岐の陶芸家

讃岐の陶芸家赤松光信

讃岐の陶芸家赤松光信

-讃岐の陶芸家赤松光信-

赤松光信は、1935年に香川県高松市に生まれた陶芸家です。父は陶芸家で、光信は幼い頃から父の仕事を見て育ちました。16歳の時に父が亡くなり、光信は家業を継ぐことになりました。しかし、光信の父は、伝統的な備前焼ではなく、新しい陶芸を志していました。光信も父の志を継ぎ、新しい陶芸の道を歩み始めました。

1960年代に光信は、京都の陶芸家である富本憲吉に師事しました。富本は、光信に陶芸の基礎を教えてくれました。光信は富本の指導を受けながら、独自の陶芸のスタイルを確立していきました。

1970年代に光信は、香川県三豊市に窯を開きました。光信は、三豊市の土を使い、独自の陶芸作品を作り始めました。光信の作品は、やわらかな曲線と、鮮やかな色使いが特徴です。光信の作品は、国内外で高く評価され、数々の賞を受賞しています。

光信は、陶芸家としてだけでなく、教育者としても活躍しています。光信は、香川大学の教授を務め、後進の育成に努めています。光信は、陶芸の楽しさを伝えるために、各地で講演会やワークショップを開いています。

光信は、陶芸を通じて、人々に喜びと感動を与えてきました。光信の作品は、世界中の人々に愛されています。光信は、讃岐を代表する陶芸家であり、日本の陶芸界を牽引する存在です。

-光信の代表作-

光信の代表作には、以下の作品があります。

* 花器「白無地花器」
* 茶碗「青磁茶碗」
* ぐい呑み「白無地ぐい呑み」
* 香炉「青磁香炉」
* 湯呑み「白無地湯呑み」

これらの作品は、光信の陶芸のスタイルを代表するものであり、国内外で高く評価されています。光信の作品は、美術館やギャラリーで展示されているほか、個人コレクターのコレクションにも収蔵されています。

平賀源内と交趾焼

平賀源内と交趾焼

-平賀源内と交趾焼-

赤松光信は備前焼の陶芸家として知られるが、交趾焼の制作にも取り組んだ。交趾焼とはベトナム北部の紅河デルタ地帯で生産される陶磁器で、中国の唐三彩を彷彿とさせる、鮮やかな色鮮やかな彩釉が特徴である。

平賀源内は江戸時代の蘭学者・思想家として知られるが、交趾焼にも興味を持ち、赤松光信に弟子入りして交趾焼の制作を学んだ。平賀源内は交趾焼の制作に新しい技法を導入し、交趾焼の発展に貢献した。

平賀源内が交趾焼の制作に導入した技法の一つが、釉薬の調合である。交趾焼は鮮やかな色鮮やかな彩釉が特徴であるが、それらは釉薬の調合によって作られている。平賀源内は様々な釉薬を調合して、これまでにない新しい色の交趾焼を生み出した。

また、平賀源内は交趾焼の焼成にも新しい技法を導入した。交趾焼は通常、1200度から1300度の高温で焼成されるが、平賀源内は900度から1000度の低温で焼成する技法を開発した。この技法によって、より柔らかな色合いの交趾焼を生み出すことができた。

平賀源内の功績により、交趾焼は江戸時代後期に大変なブームを巻き起こし、多くの人々に愛好された。赤松光信と平賀源内は、交趾焼の発展に大きな貢献をした偉大な陶芸家である。

志度焼(松山焼)の開祖

志度焼(松山焼)の開祖

志度焼(松山焼)の開祖

赤松光信は、讃岐の陶芸家で、志度焼(松山焼)の開祖です。光信は、1580年頃に備前国(今の岡山県)で生まれ、若い頃に讃岐国(今の香川県)に移り住みました。光信は、讃岐で陶芸を学び、やがて独立して、讃岐で初めて釉薬を使った陶器を焼成することに成功しました。

光信の作った陶器は、志度焼(松山焼)と呼ばれ、茶道具や食器として珍重されました。志度焼(松山焼)は、高品質で、美しい飴色の釉薬が特徴です。志度焼(松山焼)は、江戸時代から明治時代にかけて、讃岐を代表する陶器として知られていました。

光信は、志度焼(松山焼)の開祖として、讃岐の陶芸界に大きな功績を残しました。光信が開発した釉薬技術は、後の讃岐の陶芸の発展に大きな影響を与えました。光信の作った陶器は、現在でも、愛好家から珍重されています。

志度焼(松山焼)は、讃岐の伝統工芸品であり、国の重要無形文化財に指定されています。志度焼(松山焼)は、現在でも、讃岐で生産されており、茶道具や食器として使用されています。志度焼(松山焼)は、讃岐の伝統文化を伝える貴重な工芸品です。

タイトルとURLをコピーしました