後藤清乗(6代)、江戸時代後期の装剣金工について

後藤清乗(6代)、江戸時代後期の装剣金工について

後藤清乗(6代)の生涯

後藤清乗(6代)の生涯

-小見出し 後藤清乗(6代)の生涯-

後藤清乗(6代)は、江戸時代後期の装剣金工です。後藤家宗家18代当主であり、後藤清乗(5代)の長男として生まれました。幼名は清次郎、通称は与五郎、号は蓉畝(ようぼ)です。

清乗(6代)は、父・清乗(5代)に師事して装剣金工の技法を学び、17歳で家督を相続しました。その後、江戸に出て、独自の作風を確立しました。

清乗(6代)は、写実的な彫金を得意とし、特に花鳥や人物を題材にした作品に優れていました。また、金・銀・銅などの金属を巧みに組み合わせて、華やかな作品を制作しました。

清乗(6代)は、江戸幕府の御用を務め、大名や公卿から多くの注文を受けました。また、海外にも作品が輸出され、ヨーロッパで高い評価を受けました。

清乗(6代)は、1828年に65歳で亡くなりました。

清乗(6代)は、江戸時代後期の装剣金工を代表する名工であり、その作品は現在でも高く評価されています。

後藤清乗(6代)の作品

後藤清乗(6代)の作品

-後藤清乗(6代)の作品-

後藤清乗(6代)は、江戸時代後期の装剣金工です。曾祖父の清倍(2代)に学び、その後、加賀藩前田家に抱えられ、藩主のお供として京都に赴いた際、各方面で名匠に学び、その技を身につけました。

清乗は、その卓越した技術により、加賀藩の御用刀工として活躍し、多くの名刀を世に送り出しました。また、清乗は、加賀藩の藩主の命により、加賀藩の藩刀の基準となる「御式刀」の制作にも携わり、その功績により、加賀藩から「御刀匠」の称号を授与されました。

清乗の作品は、その精巧な細工と優れたデザインで知られており、現在でも多くの刀剣愛好家から高く評価されています。また、清乗は、刀装具だけでなく、茶道具や喫煙具などの制作にも携わり、その多才な才能を発揮しました。

ここでは、清乗の作品の中から、特に有名なものをいくつか紹介します。

* -御式刀-加賀藩の藩刀の基準となる刀であり、清乗がその制作に携わりました。御式刀は、その精巧な細工と優れたデザインで知られており、現在でも多くの刀剣愛好家から高く評価されています。
* -倶梨伽羅竜図鐔-加賀藩の藩主前田綱紀が愛好した鐔であり、清乗が制作しました。倶梨伽羅竜図鐔は、倶梨伽羅竜の図柄が描かれた鐔であり、その精巧な細工と優れたデザインで知られています。
* -菊花図鍔-加賀藩の藩主前田治脩が愛好した鍔であり、清乗が制作しました。菊花図鍔は、菊花の図柄が描かれた鍔であり、その精巧な細工と優れたデザインで知られています。
* -牡丹図鐔-清乗が制作した鐔であり、牡丹の図柄が描かれています。牡丹図鐔は、その精巧な細工と優れたデザインで知られており、現在でも多くの刀剣愛好家から高く評価されています。

清乗の作品は、その精巧な細工と優れたデザインで知られており、現在でも多くの刀剣愛好家から高く評価されています。

後藤清乗(6代)の功績

後藤清乗(6代)の功績

-後藤清乗(6代)の功績-

後藤清乗(6代)は、江戸時代後期の装剣金工であり、後藤派の6代目当主です。彼の功績は、主に以下の点にあります。

・-七宝の技法の改良-

後藤清乗(6代)は、七宝の技法を改良し、その質を向上させました。これにより、後藤派の七宝は、より精巧で美しいものとなり、多くの人々に愛されるようになりました。

・-金工の技法の革新-

後藤清乗(6代)は、金工の技法も革新しました。彼は、新しい技法を開発し、それらを駆使して、より精巧で美しい金工品を制作しました。これにより、後藤派の金工は、さらにその名声を高めることとなりました。

・-後藤派の繁栄-

後藤清乗(6代)の功績により、後藤派は、江戸時代後期に大いに繁栄しました。後藤派の金工品は、将軍家や大名家に献上され、人々の間でも大変な人気を博しました。これにより、後藤派は、日本を代表する金工の名門として、その地位を確立しました。

後藤清乗(6代)の功績は、江戸時代の金工の歴史において、非常に大きなものがあります。彼は、七宝の技法の改良や金工の技法の革新を行い、後藤派を大いに繁栄させました。また、彼の残した金工品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました