後藤立乗 – 江戸時代前期の装剣金工

後藤立乗 – 江戸時代前期の装剣金工

後藤立乗の生涯と経歴

後藤立乗の生涯と経歴

– 後藤立乗の生涯と経歴

後藤立乗は、江戸時代前期に活躍した装剣金工で、後藤家の三代目当主です。彼は、1615年頃に山城国京都で生まれ、1688年に京都で亡くなりました。

立乗は、父である後藤光乗から装剣金工の技術を学び、若い頃から刀装具の制作に携わりました。1642年頃に後藤家の三代目当主を継ぎ、装剣金工としての名声を確立しました。

立乗は、江戸幕府の御用金工として活躍し、徳川家康や徳川家光など、歴代将軍の刀装具を制作しました。また、大名や豪商からも多くの注文を受け、数多くの名作を世に送り出しました。

立乗の作品は、精巧な細工と美しい装飾が特徴です。彼は、伝統的な技法を継承しつつも、新しい技法を積極的に取り入れ、独自の作風を確立しました。

立乗の弟子には、後藤光□など、多くの優れた装剣金工がおり、彼らは立乗の作風を受け継ぎ、江戸時代の装剣金工の発展に貢献しました。

立乗は、江戸時代前期を代表する装剣金工として、今日でも多くの人々から愛されています。

後藤立乗の作風と特徴

後藤立乗の作風と特徴

-後藤立乗の作風と特徴-

後藤立乗は、江戸時代前期の装剣金工です。京都で生まれ、父である後藤光乗(こうとう みつのり)に師事しました。その後、江戸に移り、徳川家康に仕えました。立乗は、家康から「立」の字を拝領し、立乗と名乗るようになりました。

立乗の作風は、写実的な彫金と精緻な錂(かざり)を特徴としています。立乗は、草花や動物などの自然を題材とする作品を得意とし、その彫金の技術は非常に高く評価されています。また、立乗は、金や銀、銅などの金属を組み合わせることで、複雑で美しい錂を作り出しました。

立乗の作品は、徳川家康や秀忠、家光など、江戸幕府の歴代将軍に愛されました。また、諸大名や旗本の間でも人気があり、多くの作品が作られました。立乗の作品は、現在も多くの美術館や博物館に収蔵されており、その芸術性は高く評価されています。

立乗の作風と特徴は、写実的な彫金と精緻な錂です。立乗は、草花や動物などの自然を題材とする作品を得意とし、その彫金の技術は非常に高く評価されています。また、立乗は、金や銀、銅などの金属を組み合わせることで、複雑で美しい錂を作り出しました。

後藤立乗の代表作と評価

後藤立乗の代表作と評価

-後藤立乗の代表作と評価-

後藤立乗は、江戸時代前期の装剣金工であり、後藤家の四代目当主です。彼は、その優れた技術で知られ、多くの名作を生み出しました。中でも、代表作として挙げられるのが、以下の3点です。

* -「蜻蛉切御太刀拵」-

「蜻蛉切御太刀拵」は、後藤立乗が、徳川家康の命により製作した拵えです。この拵えは、金で装飾されており、非常に豪華な仕上がりとなっています。

* -「三日月宗近拵」-

「三日月宗近拵」は、後藤立乗が、細川忠興の命により製作した拵えです。この拵えは、鉄で装飾されており、非常に渋い仕上がりとなっています。

* -「大典太光世拵」-

「大典太光世拵」は、後藤立乗が、徳川綱吉の命により製作した拵えです。この拵えは、銀で装飾されており、非常に華やかな仕上がりとなっています。

これらの名作は、後藤立乗の優れた技術を遺憾なく発揮したものであり、後世の人々にも高く評価されています。

後藤立乗は、江戸時代前期の装剣金工を代表する人物であり、その作品は、現在でも多くの人々に愛されています。彼の作品は、日本の伝統工芸の素晴らしさを伝える貴重な文化遺産です。

タイトルとURLをコピーしました