安曇三国 – 万葉集に名を残した防人部領使

安曇三国 – 万葉集に名を残した防人部領使

天平勝宝7年に防人部領使として筑紫へ

天平勝宝7年に防人部領使として筑紫へ

天平勝宝7年に防人部領使として筑紫へ

天平勝宝7年(西暦755年)、安曇三国は防人部領使に任命され、筑紫(九州)へと向かいました。防人部領使とは、防人を率いて筑紫に派遣される役人のことで、防人の生活や治安維持、筑紫での防備強化などの任務を担っていました。

安曇三国が筑紫に滞在していた期間は、史料によって異なりますが、少なくとも1年程度は滞在していたと考えられています。この間、安曇三国は防人の統率や治安維持に努め、筑紫の防備を強化するなど、防人部領使としての任務を全うしました。

安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係を強固にすることを目的としていたと考えられています。安曇氏は大和朝廷に服属した古代豪族であり、朝廷に対して忠誠を誓っていました。安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係をさらに緊密にすることを目指したものであったと考えられます。

また、安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏の知識や経験を朝廷に提供することを目的としていたと考えられています。安曇氏は、航海や外交に長けた氏族であり、朝廷は安曇氏の知識や経験を活かして、筑紫の防備を強化したり、対外関係を強化したりすることを目指していたと考えられます。

安曇三国の筑紫への派遣は、安曇氏と朝廷との関係を強固にすることを目的とした、重要な出来事であったと考えられています。

20首の歌を大伴家持へ贈る

20首の歌を大伴家持へ贈る

-安曇三国 – 万葉集に名を残した防人部領使-

-20首の歌を大伴家持へ贈る-

安曇三国は、万葉集に名を残した防人部領使でした。防人とは、律令制下で辺境の警備にあたった兵士のことです。部領使とは、防人を率いるリーダーのことです。三国は、越後国(現在の新潟県)から九州大宰府まで、防人の道中を歌に詠み、それを大伴家持に贈りました。

国三が贈った歌は、全部で20首です。その中には、防人の旅立ちの心境を詠んだ歌、防人の労苦を詠んだ歌、防人が故郷を懐かしむ歌などがあります。三国の歌は、防人の生活や心情をリアルに伝えており、万葉集の中でも屈指の名作として知られています。

三国が歌を大伴家持に贈ったのは、家持が越中守だった頃のことです。家持は、三国の歌を読んで感銘を受け、三国の歌を万葉集に編入しました。三国の歌は、万葉集の中でも屈指の名作として知られており、現在でも多くの人々に愛されています。

-三国が歌に詠んだ防人の旅立ち-

防人は、辺境の警備にあたるため、故郷を離れて遠い土地に赴きました。防人の旅立ちは、家族や友人に別れを告げる悲しみに満ちたものでした。三国は、防人の旅立ちの心境を歌に詠んでいます。

-防人の労苦-

防人は、辺境の警備にあたるため、厳しい自然条件の中で過酷な生活を送りました。三国は、防人の労苦を歌に詠んでいます。

-防人が故郷を懐かしむ歌-

防人は、故郷を離れて遠い土地に赴いたため、故郷を懐かしむ気持ちを抱いていました。三国は、防人が故郷を懐かしむ歌を歌っています。

天平宝字8年に藤原仲麻呂追討の功により従五位下となる

天平宝字8年に藤原仲麻呂追討の功により従五位下となる

-天平宝字8年に藤原仲麻呂追討の功により従五位下となる-

藤原仲麻呂は、奈良時代の政治家で、藤原四兄弟の一人である。天平勝宝8年(756年)、孝謙天皇の命により、右大臣に任ぜられ、翌年、左大臣となった。仲麻呂は、孝謙天皇の寵愛を受け、権力を握った。しかし、天平宝字8年(764年)、孝謙天皇が崩御すると、仲麻呂は、光仁天皇と対立し、反乱を起こした。仲麻呂は、光仁天皇に敗れ、自殺した。

安曇三国は、仲麻呂の反乱を鎮圧した功績により、従五位下に叙せられた。三国は、安曇の国司として、防人の徴集や訓練を担当していた。三国は、仲麻呂の反乱が起こると、すぐに光仁天皇に味方し、仲麻呂の軍勢を撃退した。三国の功績は、光仁天皇に認められ、従五位下に叙せられたのである。

三国の叙位は、仲麻呂の反乱を鎮圧した功績を称えるものであると同時に、光仁天皇が、安曇の国司に対して、期待を寄せていたことの表れでもある。安曇の国司は、北陸道の最北端に位置しており、蝦夷との交渉や、蝦夷の侵攻を防ぐ役割を担っていた。光仁天皇は、三国の功績を称えることで、安曇の国司に対して、蝦夷の侵攻を防ぐことを期待したのである。

三国の叙位は、安曇の国司が、光仁天皇から信頼されていたことの表れであり、安曇の国司が、蝦夷の侵攻を防ぐ役割を担っていたことの表れである。

タイトルとURLをコピーしました