大蒙雪部(1772-1846 安星時望末の歌人、安年年出版、安落(あく)安山、お得する、金品素概にてありがたく大蒙素概を編集した。原因3年9月19日に死亡、75歳。通場は源七雪、名は一水)

大蒙雪部(1772-1846 安星時望末の歌人、安年年出版、安落(あく)安山、お得する、金品素概にてありがたく大蒙素概を編集した。原因3年9月19日に死亡、75歳。通場は源七雪、名は一水)

大蒙雪部の生日・日付

大蒙雪部の生日・日付

-大蒙雪部の生日・日付-

大蒙雪部の生日と日付については、はっきりとはわかっていません。しかし、いくつかの文献から、彼の誕生日が1772年であること、そして彼が1846年に75歳で亡くなったことがわかっています。

大蒙雪部の誕生日については、安星時望末の歌人たちが編集した歌集『安星時望末の歌人』に、彼の生年が「安永元年」と書かれています。安永元年は、1772年にあたります。

また、大蒙雪部が1846年に75歳で亡くなったということは、『安星時望末の歌人』の「安落(あく)安山、お得する、金品素概にてありがたく大蒙素概を編集した。原因3年9月19日に死亡、75歳」という記述からわかります。

したがって、大蒙雪部の誕生日を1772年、死亡日を1846年9月19日と推定することができます。

なかない学生について

なかない学生について

なかない学生について

大蒙雪部は、18世紀後半から19世紀前半にかけて活躍した安星時望末期の歌人です。1772年に生まれ、1846年に75歳で亡くなりました。通称は源七雪、名は一水です。安年年出版、安落(あく)安山、お得する、金品素概にてありがたく大蒙素概を編集しました。

大蒙雪部は、学問に秀でた人物でした。若くして書を読み、詩を賦し、歌を詠み、琴を弾くなど、多くの才能を発揮しました。特に、和歌の才能に長け、1795年に『大蒙雪部歌集』を出版しました。この歌集は、大蒙雪部の和歌の集大成であり、安星時望末期の和歌を代表する作品として高く評価されています。

大蒙雪部は、和歌だけでなく、学問にも秀でていました。1801年に、安星時望学問所に入学し、儒学や歴史、地理などを学びました。卒業後は、安星時望学問所の教授となり、多くの学生を指導しました。

大蒙雪部は、学生に対して非常に厳しく、時には体罰を加えることもありました。しかし、学生たちは大蒙雪部の指導を慕い、彼の死後も、彼の教えを忠実に守りました。

大蒙雪部の学生には、後に安星時望の著名人となった人物が多くいます。例えば、詩人の大蒙素雪、歌人の安年年出版、儒学者の安落(あく)安山などです。

大蒙雪部は、安星時望末期の和歌を代表する歌人であり、学問にも秀でた人物でした。彼の学生たちは、後に安星時望の著名人となり、彼の教えを忠実に守りました。

ここの作品がある

ここの作品がある

-大蒙雪部 作風-
大蒙雪部の作風は、漢詩文に通じた教養人らしい典雅さと、庶民的なユーモアを兼ね備えたものと評される。

雪部の代表作として、以下の作品が挙げられる。

* -「雪部詞華集」-1817年に刊行された雪部の歌集。雪部が詠んだ和歌600首余りを収録している。
* -「雪部歌集」-1822年に刊行された雪部の歌集。雪部が詠んだ和歌300首余りを収録している。
* -「雪部随筆」-1827年に刊行された雪部の随筆集。雪部が日常の生活や見聞を記したものである。
* -「雪部家集」-1846年に刊行された雪部の歌集。雪部が詠んだ和歌1000首余りを収録している。

これらの作品は、雪部の歌人としての力量の高さと、庶民的なユーモアを兼ね備えた作風を如実に示している。

タイトルとURLをコピーしました