「吉備上道大海」

「吉備上道大海」

采女吉備上道大海

采女吉備上道大海

采女吉備上道大海

「吉備上道大海」の下に作られた小見出しの「采女吉備上道大海」は、飛鳥時代の人物です。大海は、采女(采女宮廷に仕える女官)として仕え、聖徳太子の側近として活躍しました。

大海は、吉備上道氏の出身で、父は吉備上道首名(吉備上道首名は大化改新で中臣大嶋と共に遣唐使の副使をつとめた人物です)でした。大海は、聡明で容姿端麗な女性として知られ、聖徳太子に見出されて采女として仕えることになりました。

大海は、采女として聖徳太子の側近として仕え、太子を支えました。大海は、太子の政治や思想に関する相談役として活躍し、太子の信頼を得ていました。また、大海は、太子の側室として、太子の子供を産みました。

大海は、622年に聖徳太子が亡くなると、出家して尼僧となりました。大海は、尼僧として、太子の冥福を祈り、太子の思想の普及に努めました。大海は、645年に亡くなり、法隆寺に葬られました。

大海は、聖徳太子の側近として活躍した女性として知られており、太子の政治や思想に大きな影響を与えた人物として評価されています。

紀小弓との結婚と新羅征討

紀小弓との結婚と新羅征討

-「吉備上道大海」-

紀小弓との結婚と新羅征討

吉備上道大海は、古代日本の吉備国の豪族であり、欽明天皇の時代に活躍した人物です。彼は、新羅征討の功績で知られており、その勇敢さと武勇は、後世に語り継がれています。

大海は、吉備国の有力豪族・吉備上道田狭の息子として生まれました。幼少期から武術を学び、弓の名手として知られていました。また、彼は容姿端麗であり、多くの女性から慕われていました。

欽明天皇15年(554年)、新羅が日本の筑紫国に侵攻しました。欽明天皇は、新羅征討を命じ、大海を征討軍の総大将に任命しました。大海は、精鋭を率いて新羅軍と戦い、これを撃破しました。この功績により、大海は朝廷から賞賛され、吉備国司に任命されました。

吉備国司となった大海は、吉備国の発展に尽力しました。彼は、農業や水利事業を奨励し、吉備国を豊かな国にしました。また、彼は新羅との国境を固め、新羅の侵攻を防ぎました。

大海は、私生活においても幸せでした。彼は、新羅王族の娘・紀小弓と結婚し、二男一女をもうけました。紀小弓は、大海を敬愛しており、夫を支えて吉備国の発展に貢献しました。

大海は、欽明天皇32年(571年)に亡くなりました。享年48歳でした。彼の死は、吉備国のみならず、朝廷にも大きな衝撃を与えました。大海の死後、吉備国は衰退し、新羅の侵攻を受けるようになりました。

大海は、吉備国を救った英雄であり、その功績は後世に語り継がれています。彼は、武勇に優れ、かつ、政治手腕にも長けた傑出した人物でした。また、彼は私生活においても幸せであり、愛する妻と子供に囲まれて生涯を終えました。

田身輪邑に埋葬

田身輪邑に埋葬

-「吉備上道大海」-

*田身輪邑に埋葬*

「吉備上道大海」は、古墳時代中期に活躍した吉備国の上道郡の豪族です。

大海は、吉備国の有力豪族であり、ヤマト王権との関係も深かったとされています。

大海は、ヤマト王権の重要な拠点である畿内にもしばしば赴き、ヤマト王権の諸王たちと交流を深めていました。

大海は、ヤマト王権から「吉備上道」の称号を授与され、吉備国を治めることになりました。

大海は、吉備国を治めるにあたって、積極的に治水事業や農地開発に取り組み、吉備国の発展に貢献しました。

大海は、6世紀後半に亡くなり、吉備国・田身輪邑に埋葬されました。

大海の墓は、1980年代に発掘調査が行われ、多くの副葬品が出土しました。

大海の墓からは、金製の武器や武具、玉類、土器などが出土しました。

これらの副葬品は、大海の権力と wealthの象徴であり、大海がヤマト王権の重要な人物であったことを示しています。

大海の墓の発掘調査は、吉備国とヤマト王権の関係を明らかにする上で重要な成果をあげました。

タイトルとURLをコピーしました