赤松光範

赤松光範

赤松光範の生涯

赤松光範の生涯

-赤松光範の生涯-

赤松光範は、1945年2月11日、東京都に生まれた。

1969年、東京大学法学部を卒業後、日本興業銀行に入行。

1990年、日本興業銀行を退職し、ソニーに入社。

1998年、ソニーを退職し、ゴールドマン・サックス日本証券に入社。

2003年、ゴールドマン・サックス日本証券を退職し、投資ファンドのインデックス・コーポレーションに参画。

2006年、インデックス・コーポレーションを退職し、サザビーインターナショナルジャパンの社長に就任。

2010年、サザビーインターナショナルジャパンを退職し、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本法人であるマッキンゼー・アンド・カンパニー・インクの会長に就任。

2014年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクを退職。

2015年、日本経済新聞社の社長に就任。

2019年、日本経済新聞社の社長を退職。

2020年、東京商工会議所の会頭に就任。

赤松光範は、日本経済界を代表する経営者の一人であり、その経歴は多岐にわたる。

日本興業銀行やソニー、ゴールドマン・サックス日本証券など、国内外の金融機関で要職を歴任。

また、インデックス・コーポレーションやサザビーインターナショナルジャパン、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、日本経済新聞社など、様々な企業の経営に携わってきた。

現在は東京商工会議所の会頭を務めている。

赤松光範の功績

赤松光範の功績

赤松光範の功績

赤松光範は、室町時代初期の武将で、室町幕府3代将軍足利義満に仕えました。赤松光範は、足利義満の側近として活躍し、多くの功績をあげました。

赤松光範の功績の一つに、明との交渉があります。赤松光範は、明の使節を接待し、両国の友好関係を深めることに貢献しました。また、赤松光範は、足利義満の命を受けて、朝鮮に遠征し、朝鮮を服属させました。

赤松光範は、足利義満の側近として、多くの功績をあげましたが、その中でも最も有名な功績は、南北朝の統一です。赤松光範は、足利義満の命を受けて、南朝に攻め込み、南朝を滅ぼしました。南北朝の統一は、日本の歴史において大きな出来事であり、赤松光範は、その功績を称えられました。

赤松光範は、南北朝の統一後も、足利義満に仕え続けました。しかし、赤松光範は、足利義満の死後に、足利義満の跡を継いだ4代将軍足利義持と対立し、挙兵しました。赤松光範は、足利義持に敗れ、自害しました。

赤松光範は、足利義満に仕えた功臣であり、南北朝の統一に貢献した人物です。赤松光範の功績は、日本の歴史において大きな意味を持っています。

赤松光範の人物像

赤松光範の人物像

-赤松光範の人物像-

赤松光範は、日本の政治家であり、衆議院議員、愛媛県議会議員を歴任した。

1939年、松山市の豪農の家に生まれる。松山東高等学校卒業後、早稲田大学に進学。在学中は学生自治会活動に熱中した。大学卒業後、家業の農業を継ぐ。

1975年、愛媛県議会議員に当選。以後、3期12年間務める。県議会では農政部長を務め、農政に精通した。

1987年、衆議院議員選挙に立候補し、初当選。以後、4期16年間務める。衆議院では農林水産委員会に所属し、農林水産政策に尽力した。

赤松光範は、温厚篤実な人柄で知られ、農家や中小企業経営者など幅広い支持を得ていた。また、政治家としての実績も豊富で、愛媛県議会議員時代には農政部長を務め、衆議院議員時代には農林水産委員会に所属し、農林水産政策に尽力した。

2013年、政界を引退。2017年、78歳で逝去した。

赤松光範は、愛媛県のために尽力した政治家で、その功績は高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました