荒木田斎震(⇒荒木田氏筠)

荒木田斎震(⇒荒木田氏筠)

荒木田斎震の生涯と功績

荒木田斎震の生涯と功績

-荒木田斎震の生涯と功績-

荒木田斎震(1473-1549)は、戦国時代の儒学者・歌人・能楽師。諱は氏筠、字は伯庸。備後国(広島県)出身。

応仁の乱(1467-1477)の戦乱を逃れ、京都に上洛。洛東の東福寺に入り、儒学を学びました。その後、公家や武家に出仕し、歌人や能楽師として活躍しました。

1507年、足利義稙(よし稙)が将軍に復帰すると、荒木田斎震は義稙に仕え、政務に参画しました。1521年に義稙が失脚すると、斎震も失脚し、京都を追放されました。

1527年、斎震は京都に戻り、再び義稙に仕えました。1536年に義稙が死去すると、斎震は剃髪して僧となり、法名を「斎震」と改めました。

斎震は、儒学に優れており、多くの書物を著しました。その中でも最も有名なのが、『礼記集説』です。『礼記集説』は、儒教の経典である『礼記』を注釈したもので、斎震の儒学思想が凝縮されています。

斎震は、また、歌人としても活躍しました。斎震の和歌は、秀逸なもので、多くの歌集に収められています。

斎震は、能楽師としても活躍しました。斎震は、能楽の演目である「三番叟」を作曲しました。「三番叟」は、能楽の演目の中で最も有名な演目の一つです。

斎震は、儒学者・歌人・能楽師として活躍した、戦国時代の文化人でした。斎震の功績は、今日でも高く評価されています。

荒木田斎震の思想と学問

荒木田斎震の思想と学問

荒木田斎震の思想と学問

荒木田斎震は、江戸時代前期の儒学者です。備中国浅口郡金光村(現在の岡山県浅口市金光町)に生まれ、幼い頃から学問に秀でていました。16歳で京都に出て、儒学者の中江藤樹に師事しました。藤樹の死後、斎震は京都に私塾を開き、多くの弟子を育てました。

斎震の思想は、儒教の陽明学を基盤としていましたが、独自の解釈を加えていました。斎震は、人間の本性には善悪の両面があるとし、善を伸ばして悪を抑えることで、人間は完成することができると説きました。また、斎震は、学問は実生活に役立つものでなければならないとし、実践的な教育を重視しました。

斎震の学問は、江戸時代中期以降に全国に広がり、多くの儒学者に影響を与えました。また、斎震の教育方法は、近代日本の教育制度にも取り入れられました。

斎震の主な著作には、『大学或問』『孟子講義』『中庸講義』などがあります。これらの著作は、儒教の経典の解釈をまとめたもので、斎震の思想を理解する上で重要な資料となっています。

斎震の思想と学問は、江戸時代の儒学の発展に大きな影響を与えました。また、斎震の教育方法は、近代日本の教育制度にも取り入れられ、日本の教育の発展にも貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました