「大城カメ」(1872-1972 明治-昭和時代の伝道者)

「大城カメ」(1872-1972 明治-昭和時代の伝道者)

ノロ(世襲の女性司祭者)からキリスト教への入信

ノロ(世襲の女性司祭者)からキリスト教への入信

-ノロ(世襲の女性司祭者)からキリスト教への入信-

大城カメは、1872年に沖縄県の首里で生まれました。ノロ(世襲の女性司祭者)の家に生まれ、幼い頃から琉球神道を学びました。しかし、1893年にアメリカ人宣教師のジョン・L・デヴィスの宣教を聞いて、キリスト教に入信しました。カメの入信は、沖縄におけるキリスト教伝道の大きな転機となりました。

カメは、沖縄各地でキリスト教を宣教し、多くの信者を集めました。また、沖縄初のキリスト教学校である沖縄女学校を設立し、沖縄の女性教育に尽力しました。カメの伝道活動は、沖縄におけるキリスト教の普及に大きく貢献し、彼女は「沖縄の母」とまで呼ばれるようになりました。

カメは、1972年に沖縄県で亡くなりました。100歳という長寿を全うし、その生涯を沖縄のキリスト教伝道と女性教育に捧げました。カメは、今日でも沖縄におけるキリスト教の指導者として敬愛されています。

-カメの入信が沖縄に与えた影響-

カメの入信は、沖縄におけるキリスト教伝道の大きな転機となりました。カメは、ノロ(世襲の女性司祭者)として沖縄社会で高い地位にありましたが、キリスト教に入信したことで、沖縄社会の伝統的な価値観に挑戦することになりました。カメの入信は、沖縄の人々にキリスト教をより身近なものにし、キリスト教の普及に大きく貢献しました。

また、カメは沖縄初のキリスト教学校である沖縄女学校を設立し、沖縄の女性教育に尽力しました。沖縄女学校は、沖縄の多くの女性に教育の機会を提供し、沖縄の女性解放運動にも大きな影響を与えました。カメの伝道活動は、沖縄におけるキリスト教の普及と女性教育に大きく貢献し、彼女は「沖縄の母」とまで呼ばれるようになりました。

米寿(トーカチ)記念にバプテスト玉城(たまぐすく)教会堂を献堂

米寿(トーカチ)記念にバプテスト玉城(たまぐすく)教会堂を献堂

-大城カメ (1872-1972) 明治-昭和時代の伝道者-

-米寿(トーカチ)記念にバプテスト玉城(たまぐすく)教会堂を献堂-

大城カメは、1872年(明治5年)に沖縄県玉城村(現・南城市)に生まれた。16歳の時にキリスト教に入信し、その後、独学で聖書を学び、伝道活動を始めた。1905年(明治38年)には、玉城村にバプテスト玉城教会を設立した。

大城カメは、沖縄県におけるバプテスト教会の草分け的存在であり、多くの信者を獲得した。また、伝道活動だけでなく、社会福祉活動にも熱心に取り組み、孤児院や病院を設立した。

1952年(昭和27年)、大城カメは米寿(トーカチ)を迎え、その記念にバプテスト玉城教会堂を新築した。この教会堂は、沖縄県で最初のバプテスト教会堂であり、現在も使用されている。

大城カメは、1972年(昭和47年)に100歳で亡くなった。しかし、その伝道活動と社会福祉活動は、現在も沖縄県で受け継がれている。

-大城カメの生涯-

大城カメは、1872年(明治5年)に沖縄県玉城村(現・南城市)に生まれた。16歳の時にキリスト教に入信し、その後、独学で聖書を学び、伝道活動を始めた。1905年(明治38年)には、玉城村にバプテスト玉城教会を設立した。

大城カメは、沖縄県におけるバプテスト教会の草分け的存在であり、多くの信者を獲得した。また、伝道活動だけでなく、社会福祉活動にも熱心に取り組み、孤児院や病院を設立した。

1952年(昭和27年)、大城カメは米寿(トーカチ)を迎え、その記念にバプテスト玉城教会堂を新築した。この教会堂は、沖縄県で最初のバプテスト教会堂であり、現在も使用されている。

大城カメは、1972年(昭和47年)に100歳で亡くなった。しかし、その伝道活動と社会福祉活動は、現在も沖縄県で受け継がれている。

-大城カメの功績-

大城カメは、沖縄県におけるバプテスト教会の草分け的存在であり、多くの信者を獲得した。また、伝道活動だけでなく、社会福祉活動にも熱心に取り組み、孤児院や病院を設立した。

大城カメの功績は、沖縄県だけでなく、日本全体に影響を与えた。大城カメの伝道活動と社会福祉活動は、現在も多くのクリスチャンに受け継がれている。

-大城カメの言葉-

* 「神は愛であり、愛は神である。」
* 「キリストは、私たちのために十字架にかかって死んでくださった。だから、私たちは罪から救われ、永遠の命を得ることができる。」
* 「私たちは、神と隣人を愛するべきである。」
* 「私たちは、希望を失ってはいけない。神は、いつも私たちと共におられる。」

大城カメの言葉は、今も多くのクリスチャンに励ましを与えている。

琉球(沖縄県)出身の女性伝道者

琉球(沖縄県)出身の女性伝道者

-小見出し 琉球(沖縄県)出身の女性伝道者-

大城カメは、1872年に琉球(現在の沖縄県)で生まれ、1972年に亡くなった、明治から昭和時代にかけて活動した伝道者です。彼女は琉球で初めてプロテスタントの宣教師に洗礼を受け、生涯を通してキリスト教の信仰と伝道を広める活動に尽力しました。

カメは、1872年に琉球の首里で、大城忠次郎とカネの間に生まれました。1883年に琉球が日本に併合された後の1884年、カメは琉球に派遣されたアメリカ人宣教師のジョージ・W・グールド師から洗礼を受け、プロテスタントのキリスト教徒になりました。カメは、洗礼を受けた後、グールド師の指導の下でキリスト教の教えを学び、伝道活動を始めました。

カメは、1889年に琉球初のプロテスタント教会である首里教会を設立しました。カメは、首里教会の牧師を務めながら、琉球各地を巡回して伝道活動を行いました。カメの伝道活動は、琉球の人々の間に大きな影響を与え、多くの琉球人がキリスト教に改宗しました。

カメは、1903年に琉球を離れ、東京に移住しました。東京では、カメは築地教会の牧師を務めながら、伝道活動を行いました。カメは、東京で多くのキリスト教徒を育て、日本各地の教会に伝道者を派遣しました。

カメは、1972年に東京で亡くなりました。カメは生涯を通してキリスト教の信仰と伝道を広める活動に尽力し、日本におけるプロテスタント教会の発展に大きな貢献をしました。カメは、日本におけるプロテスタント教会のパイオニアとして、今日でも多くの人々から尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました