→ 久蔵 – 19世紀初頭における日本人漂流民の軌跡

→ 久蔵 – 19世紀初頭における日本人漂流民の軌跡

天明7年、大阪・御影村に生まれる

天明7年、大阪・御影村に生まれる

-天明7年、大阪・御影村に生まれる-

久蔵は、天明7年(1787年)に、大阪の御影村(現在の西宮市)で生まれた。幼少期は、村の農家の子どもとして育ったが、16歳の時に、商人になるために江戸に出た。

江戸では、日本橋の呉服屋に丁稚奉公し、商人のいろはを学んだ。その後、独立して呉服屋を開業し、順調に事業を拡大していった。しかし、天保4年(1833年)、江戸で大火があり、久蔵の店も焼失してしまった。

店を失った久蔵は、生活のため、船乗りとして働き始めた。そして、天保9年(1838年)、久蔵は、仲間たちと一緒に、蝦夷地(現在の北海道)に向かう船に乗った。しかし、船は途中、暴風に遭い、久蔵たちは遭難してしまった。

久蔵たちは、遭難後、漂流することとなり、ロシアに漂着した。ロシアでは、久蔵たちは捕らえられ、シベリアに流刑となった。久蔵は、シベリアで、7年間の流刑生活を送った。

天保16年(1845年)、久蔵は、他の漂流民たちと一緒に、日本に帰国することができた。久蔵は、帰国後、漂流記を著し、一躍、有名人となった。久蔵の漂流記は、当時の日本人に、海外の事情を知る機会を与え、日本の開国を促すきっかけとなった。

久蔵は、明治元年(1868年)に、81歳で亡くなった。久蔵は、19世紀初頭における、日本人漂流民の軌跡を象徴する人物として、現在も語り継がれている。

文化7年、紀伊半島沖で遭難、翌年カムチャッカに漂着

文化7年、紀伊半島沖で遭難、翌年カムチャッカに漂着

-文化7年、紀伊半島沖で遭難、翌年カムチャッカに漂着-

文化7年(1810年)、紀伊半島沖で遭難した久蔵は、翌年にカムチャッカに漂着しました。久蔵は、紀伊国牟婁郡新宮浦(現在の和歌山県新宮市)の漁師で、1810年9月1日に漁に出たところ、暴風雨に遭い遭難しました。遭難後、久蔵は漂流し、翌年の1811年9月にカムチャッカのペトロパブロフスクに漂着しました。

久蔵は、カムチャッカでロシア人に捕らえられ、捕虜として扱われました。ロシア人は、久蔵をシベリアに送ることを決め、1812年9月に久蔵はシベリアに向けて出発しました。久蔵は、シベリアを横断して1813年9月にサンクトペテルブルクに到着しました。

サンクトペテルブルクで、久蔵はロシア皇帝アレクサンドル1世に謁見しました。アレクサンドル1世は、久蔵を日本に帰国させることを決め、1814年4月に久蔵は日本に向けて出発しました。久蔵は、1814年9月に長崎に到着し、日本に帰国しました。

久蔵の漂流体験は、当時の日本人に大きな衝撃を与えました。久蔵は、ロシアの文化や風習について日本人に伝え、日本の知識を広めることに貢献しました。また、久蔵の漂流体験は、日本の鎖国政策の緩和にもつながりました。

10年間のロシアでの漂流生活と日本への帰国

10年間のロシアでの漂流生活と日本への帰国

-10年間のロシアでの漂流生活と日本への帰国-

久蔵は、1811年にロシア船ディアナ号に乗り組み、世界一周の航海に出た。しかし、1812年にディアナ号は嵐に遭い、久蔵を含む乗組員全員が漂流した。久蔵は、漂流中に無人島に漂着し、そこで10年間生活した。

1822年、久蔵はロシアの捕鯨船に救助された。久蔵はロシアに連れて行かれ、そこでロシア語を学び、ロシアの文化に触れた。1823年、久蔵はロシアから日本に帰国した。久蔵は、日本に帰国後、漂流中に体験したことを人々に語った。久蔵の話は、日本の人々に世界について知ってもらうきっかけとなった。

久蔵の漂流生活は、日本人漂流民の軌跡の中で最も有名なものの一つである。久蔵の漂流生活は、日本の歴史において重要な出来事であり、久蔵の帰国は、日本の近代化に大きな影響を与えた。

久蔵の漂流生活は、日本とロシアの関係を深めるきっかけにもなった。1855年、ロシアは日本に外交使節団を派遣し、日本とロシアは国交を樹立した。日露国交樹立は、日本の近代化に大きな影響を与え、日本はロシアから近代的な技術や制度を導入した。

久蔵の漂流生活は、日本人漂流民の軌跡の中で最も有名なものの一つであり、日本の歴史において重要な出来事である。久蔵の帰国は、日本の近代化に大きな影響を与え、日露国交樹立は、日本の近代化に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました