「大伴家持妹」

「大伴家持妹」

大伴家持妹の生涯

大伴家持妹の生涯

大伴家持妹の生涯

大伴家持妹の生涯は、ほとんどが謎に包まれている。彼女は、735年頃に大伴安麻呂と大伴坂上郎女の娘として生まれたと推定されている。持統天皇の直系子孫の1人である。大伴氏は、奈良時代の有力な氏族であり、家持妹は高貴な家庭で育った。

756年、大伴家持妹は、聖武天皇の皇子である安積親王と結婚した。しかし、安積親王は757年に急死し、家持妹はわずか22歳で未亡人となった。その後、彼女は再婚することはなく、生涯独身を貫いた。

家持妹は、和歌に優れた才能を示し、万葉集に77首の歌が残されている。彼女の歌は、優美で繊細であり、自然美や人生の無常を詠ったものが多い。

790年、家持妹は56歳で亡くなった。彼女が亡くなった場所や原因は不明である。しかし、彼女の歌は後世に残り、今もなお人々に愛されている。

家持妹は、奈良時代を代表する歌人の一人であり、日本の文学史上重要な人物である。彼女の生涯は、謎に包まれている部分も多いが、その歌は今もなお人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました