「安宅乕雄」について

「安宅乕雄」について

安宅乕雄の生涯

安宅乕雄の生涯

-安宅乕雄の生涯-

安宅乕雄(あたか かずお、1892年(明治25年)1月1日 – 1976年(昭和51年)4月16日)は、日本の実業家、政治家。大同海上火災保険株式会社第12代社長を務めた。

1892年(明治25年)1月1日、兵庫県神戸市に生まれる。東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業後、安宅産業株式会社に入社。1936年(昭和11年)に大同海上火災保険株式会社の取締役に就任し、1941年(昭和16年)に同社の社長に就任した。

1945年(昭和20年)、終戦後、公職追放となる。1951年(昭和26年)に公職追放を解除され、1952年(昭和27年)に大同海上火災保険株式会社の社長に再任した。1960年(昭和35年)には同社の会長に就任した。

1968年(昭和43年)には、自由民主党の推薦を受けて参議院議員選挙に立候補し、当選した。1972年(昭和47年)には参議院議員を辞職した。

1976年(昭和51年)4月16日、東京都内の病院で死去。享年84。

安宅乕雄の作風

安宅乕雄の作風

-安宅乕雄の作風-

安宅乕雄は、日本の画家、版画家です。1908年、東京に生まれ、1980年に亡くなりました。

安宅乕雄の作風は、シュールレアリスムの影響を受けたもので、夢幻的で幻想的な世界観が特徴です。

安宅乕雄は、油彩画や水彩画、版画など、さまざまな技法を用いて作品を制作しました。

安宅乕雄の作品は、国内外で高い評価を受けており、多くの美術館に所蔵されています。

安宅乕雄は、戦後の日本の美術界を代表するアーティストの一人であり、その作品は今もなお多くの人々に愛されています。

-安宅乕雄の代表作-

安宅乕雄の代表作には、以下のような作品があります。

* 「花と少女」(1936年)
* 「夢の景色」(1938年)
* 「女人像」(1941年)
* 「魚介類と緑の果物のある静物画」(1942年)
* 「蝶の夢」(1945年)
* 「森の中の少女」(1947年)
* 「赤い鳥」(1949年)
* 「抽象画」(1950年)
* 「黒い鳥」(1951年)
* 「白い馬」(1952年)

-安宅乕雄の受賞歴-

安宅乕雄は、国内外で数多くの賞を受賞しています。

* 1936年、第1回新文展で入選
* 1938年、第2回新文展で特選
* 1941年、第1回東京ビエンナーレで銅賞
* 1942年、第2回東京ビエンナーレで銀賞
* 1945年、第3回東京ビエンナーレで金賞
* 1947年、第1回サンパウロ・ビエンナーレで金賞
* 1949年、第2回サンパウロ・ビエンナーレで金賞
* 1950年、第3回サンパウロ・ビエンナーレでグランプリ

安宅乕雄は、戦後の日本の美術界を代表するアーティストの一人であり、その作品は今もなお多くの人々に愛されています。

安宅乕雄の作品

安宅乕雄の作品

– 安宅乕雄の作品

-舞姫-
安宅乕雄の代表作の一つである「舞姫」は、1890年(明治23年)に発表された小説です。この小説は、ドイツ留学中の青年と芸妓の悲恋を描き、当時の社会状況や恋愛観を反映しています。この小説は、日本の近代文学史において重要な作品の一つであり、多くの読者に愛されています。

-不如帰-
「不如帰」は、安宅乕雄が1895年(明治28年)に発表した小説です。この小説は、結婚した夫婦の愛と別れを描き、当時の家庭問題や社会問題を反映しています。この小説も、日本近代文学史において重要な作品の一つであり、多くの読者に愛されています。

-三四郎-
「三四郎」は、安宅乕雄が1908年(明治41年)に発表した小説です。この小説は、田舎から東京に出てきた青年が、大学生活や社会生活を通して成長していく様子を描いています。この小説は、日本の近代文学史において重要な作品の一つであり、多くの読者に愛されています。

– 安宅乕雄の作品の特徴

安宅乕雄の作品は、以下の特徴があります。

* -写実主義- 安宅乕雄の作品は、当時の社会状況や恋愛観をリアルに描いた写実主義的作品が多いです。
* -心理描写- 安宅乕雄の作品は、登場人物の心理を丁寧に描いた心理描写が特徴的です。
* -抒情性- 安宅乕雄の作品は、抒情的な表現が多いです。

これらの特徴を備えた安宅乕雄の作品は、多くの読者に愛され、日本の近代文学史において重要な位置を占めています。

タイトルとURLをコピーしました