{*}天津風雲右衛門

{*}天津風雲右衛門

活躍した時代と経歴

活躍した時代と経歴

-# 天津風雲右衛門の活躍した時代と経歴

-活躍した時代-

Tianjinfeng Yunyoumen は、日本の戦国時代後期に活躍した有名な相撲力士です。彼の正確な生年月日は不明ですが、1520年頃に生まれたと考えられています。彼は、江戸時代初期の1600年頃に亡くなったと考えられています。

-経歴-

天津風雲右衛門は、現在の富山県に生まれたと言われています。彼は、幼い頃から相撲が好きで、地元の相撲大会で優勝を重ねました。その後、彼は江戸に出て、相撲の正式な弟子となりました。

江戸に出た当初は、他の力士から相手にされず、苦労したと言われています。しかし、彼は努力を重ね、次第に力をつけました。そして、ついに、1550年に大関に昇進しました。

大関に昇進後は、天津風雲右衛門は連戦連勝を続け、1555年には横綱に昇進しました。横綱になると、彼はますます強くなり、数々の大会で優勝しました。

天津風雲右衛門は、力士としてだけでなく、指導者としても活躍しました。彼は、多くの弟子を育て、相撲の普及に貢献しました。

天津風雲右衛門は、相撲史上最強の力士の一人とされており、現在でもその武勇伝は語り継がれています。

浪曲師との芸名の繋がり

浪曲師との芸名の繋がり

– 天津風雲右衛門

浪曲師との芸名の繋がり

天津風雲右衛門という名前は、浪曲師として活躍した天津風(あまつかぜ)雲右衛門(くもえもん)に由来しています。雲右衛門は、1893年(明治26年)に東京で生まれ、1911年(明治44年)に浪曲師としてデビューしました。その後、雲右衛門は浪曲界の大御所となり、多くの弟子を育てました。その弟子の一人が、天津風小雲右衛門(こくもえもん)です。

小雲右衛門は、1924年(大正13年)に東京で生まれ、1941年(昭和16年)に雲右衛門に入門しました。その後、小雲右衛門は雲右衛門の薫陶を受け、1948年(昭和23年)に浪曲師としてデビューしました。小雲右衛門は、雲右衛門譲りの語り口で人気を集め、1960年代には浪曲界のトップスターの一人になりました。

1970年代に入ると、浪曲の人気が衰退し始め、小雲右衛門も引退を考え始めました。しかし、そんな小雲右衛門を支えたのが、若鯉十四代目中村勘三郎でした。勘三郎は、浪曲の大ファンであり、小雲右衛門の芸を高く評価していました。勘三郎の勧めで、小雲右衛門は1976年(昭和51年)に復活を果たしました。

小雲右衛門は、復活後は「天津風雲右衛門」を襲名し、浪曲師としての活動を再開しました。雲右衛門は、1990年(平成2年)に亡くなりましたが、その芸は弟子たちによって受け継がれています。

天津風雲右衛門という名前は、浪曲の歴史の中で重要な意味を持つ名前です。雲右衛門は、浪曲界のトップスターとして活躍し、多くの弟子を育てました。小雲右衛門も、雲右衛門譲りの語り口で人気を集め、浪曲界のトップスターの一人になりました。雲右衛門と小雲右衛門は、浪曲の歴史の中で欠かせない存在です。

出生と出自

出生と出自

-天津風雲右衛門-

-出生と出自-

天津風雲右衛門(あまつかぜうんえもん)は、享保19年(1734年)9月2日、現在の東京都羽村市にあった羽村の農家・大山家の次男として生まれた。父・大山仁右衛門は、村の名主を務めた人物で、雲右衛門は幼い頃から優れた才能と器量を示したという。

雲右衛門は、11歳の時に江戸に出て、小石川の薬種問屋・天津屋に奉公した。天津屋は、江戸で屈指の薬種問屋で、雲右衛門はここで商売のイロハを学んだ。また、雲右衛門は、幼い頃から学んでいた剣術を続け、やがて免許皆伝を得て、天津屋の用心棒として活躍するようになった。

雲右衛門は、20歳の時に天津屋の娘・お玉と結婚し、正式に天津屋の一員となった。お玉は、雲右衛門の妻として、夫を支え、二人の間に二男四女が生まれた。

雲右衛門は、薬種問屋の経営に加え、様々な事業を手がけ、財を成した。また、雲右衛門は、侠客としても知られ、困っている人々を助ける義侠心のある人物だったという。

安永5年(1776年)、雲右衛門は43歳で江戸を離れ、現在の埼玉県川越市にある川越藩の藩主であった松平信明に仕えた。雲右衛門は、川越藩の用人として、藩政改革に手腕を発揮した。

天明3年(1783年)、雲右衛門は50歳で川越藩を辞し、再び江戸に戻った。雲右衛門は、江戸で薬種問屋の経営を続け、また、侠客として活躍した。

寛政元年(1789年)、雲右衛門は56歳で死去した。雲右衛門の死は、江戸の町民の間で大きな悲しみをもって受け止められ、雲右衛門の墓は、現在でも東京都杉並区の天徳寺に現存している。

タイトルとURLをコピーしました