「天野房義」(?-? 江戸時代後期の織物師)

「天野房義」(?-? 江戸時代後期の織物師)

西本願寺にある五帝の図

西本願寺にある五帝の図

西本願寺にある五帝の図

西本願寺には、「五帝の図」と呼ばれる五人の皇帝を描いた掛け軸があります。この掛け軸は、江戸時代後期の織物師である天野房義によって作られました。天野房義は、京都の生まれで、西本願寺に仕えていました。彼は、西本願寺の本堂である阿弥陀堂の障壁画を描いたことでも知られています。

「五帝の図」は、中国の伝説上の五人の皇帝を描いています。五帝とは、黄帝、顓頊帝、帝嚳、堯帝、舜帝のことです。彼らは、それぞれに徳を持ち、人民を善政で治めたとされています。「五帝の図」は、この五帝の姿を、鮮やかな色彩と細やかな筆遣いで描いています。

「五帝の図」は、西本願寺の歴史の中で重要な位置を占める掛け軸です。この掛け軸は、天野房義の卓越した技術と、西本願寺の高い芸術性を示しています。「五帝の図」は、現在も西本願寺の本堂に飾られており、多くの参拝者が訪れています。

「五帝の図」の詳細

「五帝の図」は、縦180cm、横120cmの大きさの掛け軸です。絵の具は、主に顔料を用いています。五帝は、中央に黄帝、その右に顓頊帝、帝嚳、堯帝、舜帝の順に描かれています。五帝は、それぞれに異なる衣装を着ており、表情もそれぞれ異なります。

黄帝は、五帝のリーダーであり、天帝の子孫とされています。彼は、武勇に優れ、多くの戦いに勝利しました。また、農業や医学の発展にも貢献しました。

顓頊帝は、黄帝の子孫であり、五帝の第二代皇帝です。彼は、黄帝に倣って、善政を行いました。また、暦を作成し、音楽を奨励しました。

帝嚳は、顓頊帝の子孫であり、五帝の第三代皇帝です。彼は、黄帝と顓頊帝のように、善政を行いました。また、五帝の五徳を重視し、人民に徳を説きました。

堯帝は、帝嚳の子孫であり、五帝の第四代皇帝です。彼は、五帝の中で最も徳の高い皇帝とされています。堯帝は、人民に慈悲深く、公平に接しました。また、洪水を治め、農業を発展させました。

舜帝は、堯帝の子孫であり、五帝の第五代皇帝です。舜帝は、堯帝に仕え、その徳を学びました。堯帝が老齢になると、舜帝に帝位を譲りました。舜帝は、堯帝のように善政を行い、人民から愛されました。

「五帝の図」の重要性

「五帝の図」は、西本願寺の歴史の中で重要な位置を占める掛け軸です。この掛け軸は、天野房義の卓越した技術と、西本願寺の高い芸術性を示しています。「五帝の図」は、現在も西本願寺の本堂に飾られており、多くの参拝者が訪れています。

「五帝の図」は、中国の伝説上の五人の皇帝を描いた掛け軸です。五帝とは、黄帝、顓頊帝、帝嚳、堯帝、舜帝のことです。彼らは、それぞれに徳を持ち、人民を善政で治めたとされています。「五帝の図」は、この五帝の姿を、鮮やかな色彩と細やかな筆遣いで描いています。

「五帝の図」は、西本願寺の歴史の中で重要な位置を占める掛け軸です。この掛け軸は、天野房義の卓越した技術と、西本願寺の高い芸術性を示しています。「五帝の図」は、現在も西本願寺の本堂に飾られており、多くの参拝者が訪れています。

京都西本願寺に住む織物師

京都西本願寺に住む織物師

-京都西本願寺に住む織物師-

天野房義は、江戸時代後期の織物師です。生没年は不詳ですが、京都西本願寺に住んでいたことが知られています。

房義は、西本願寺門跡である光照の命を受けて、西本願寺御用達の織物を生産していました。房義が制作した織物は、西本願寺の本堂や客殿、書院などの調度品として使用されていました。

房義の織物は、高品質で知られており、特に西陣織を得意としていました。房義は、西陣織の伝統的な技法を忠実に守りながら、新しい意匠を開発することで、西陣織の発展に貢献しました。

房義の織物は、現代でも高く評価されており、国の重要無形文化財に指定されています。房義の織物は、京都国立博物館や東京国立博物館などに所蔵されており、一般公開されています。

房義は、江戸時代後期の京都を代表する織物師として、歴史に名を残しています。房義の織物は、西陣織の伝統と美しさを今に伝える貴重な財産です。

「綴れ錦」の織りに卓越していた

「綴れ錦」の織りに卓越していた

「天野房義」(?-? 江戸時代後期の織物師)

「綴れ錦」の織りに卓越していた

天野房義は、江戸時代後期の織物師で、「綴れ錦」の織りに卓越していました。房義は、尾張国(現在の愛知県)の名古屋に生まれ、幼い頃から織物の技術を学びました。房義は、織物の技術に優れており、20歳の頃には、尾張藩の御用達として織物を織っていました。

房義は、織物の技術をさらに磨くため、京都や大阪に遊学しました。房義は、京都や大阪で、さまざまな織物の技術を学び、独自の織物の技術を開発しました。房義の織物は、その美しさで評判を呼び、江戸時代後期には、全国的に知られるようになりました。

房義の最も有名な作品は、「綴れ錦」です。「綴れ錦」は、さまざまな色の糸を織り合わせて作られた織物で、その美しさで知られています。房義の「綴れ錦」は、江戸時代後期には、将軍家や大名家に愛され、多くの人々に珍重されました。

房義は、織物の技術に優れており、その作品は、江戸時代後期には、全国的に知られるようになりました。房義の「綴れ錦」は、その美しさで知られ、江戸時代後期には、将軍家や大名家に愛され、多くの人々に珍重されました。房義は、江戸時代後期の織物師として、その名を残しています。

タイトルとURLをコピーしました