– 「凡河内田道」奈良時代の武人

– 「凡河内田道」奈良時代の武人

凡河内田道の生涯

凡河内田道の生涯

凡河内田道の生涯

凡河内田道は、奈良時代の武人です。天平12年(740年)に生まれ、天平勝宝4年(752年)に没しました。

田道は、河内国(現在の大阪府)の豪族の家に生まれました。幼い頃から武芸に優れ、16歳のときに、朝廷の官職に就きました。

天平宝字2年(758年)、藤原広嗣の乱が起こると、田道は、官軍の将として広嗣を討伐しました。この功績により、田道は、従五位下に昇進し、河内国司に任命されました。

天平勝宝4年(752年)、田道は、54歳で亡くなりました。田道の死後、朝廷は、田道の功績を称えて、田道に正四位下の位階を贈りました。

田道は、奈良時代の代表的な武人であり、その生涯は、奈良時代の武家社会を知る上で貴重な資料となっています。

藤原広嗣の乱への参加

藤原広嗣の乱への参加

-藤原広嗣の乱への参加-

凡河内田道は、藤原広嗣の乱に積極的に加担したことはわかっています。この乱は、740年に発生した藤原広嗣と朝廷との間の武力衝突です。広嗣は、朝廷の腐敗と専横に反発して、九州で挙兵しました。
740年5月に広嗣は、孝謙天皇に対して、大宰府を鎮守する軍事力を増やすことを進言し、玄昉がこれを受け入れ、広嗣に肥前、筑前、筑後、豊後と4か国の国司を兼ねるように命じました。翌年2月に朝廷内で玄昉が失脚すると、広嗣は、反乱を起こすと周囲に吹聴し、肥後国司・大野竹田と組んで、朝廷に刃向かう姿勢をみせ始め、大野郡、八代郡、球磨郡などに防人と称する兵を集め始めました。7月頃には、すでに1万を超える兵力を率いていたとみられます。
朝廷では帰京を促しつつ、九州各国司に広嗣を捕縛するよう命じました。広嗣は、豊前、筑前、豊後の国司を味方につけ、太宰府を制圧すると、朝廷に兵を差し向けました。朝廷は、征討軍を派遣して広嗣を討伐し、乱は翌741年に鎮圧されました。
凡河内田道は、広嗣の乱において、広嗣の側近として活躍しました。彼は、広嗣の軍勢を率いて、朝廷軍と戦いました。しかし、最終的には朝廷軍に敗れ、広嗣とともに処刑されました。

凡河内田道は、藤原広嗣の乱において、朝廷に反旗を翻した武人として知られています。彼は、広嗣の乱に積極的に加担し、朝廷軍と戦いました。しかし、最終的には朝廷軍に敗れ、広嗣とともに処刑されました。

大野東人のひきいる追討軍によって殺害

大野東人のひきいる追討軍によって殺害

大野東人のひきいる追討軍によって殺害

奈良時代の武人で、征夷大将軍として蝦夷(えみし)を討伐した凡河内田道は、780年、大野東人のひきいる追討軍によって殺害されました。

蝦夷は、東北地方に住んでいた人々で、朝廷の支配に服していませんでした。たびたび朝廷に反乱を起こし、朝廷は蝦夷を征討するために何度も軍隊を派遣しました。

774年、朝廷は凡河内田道を征夷大将軍に任命し、蝦夷の征討を行いました。凡河内田道は、蝦夷の首領である伊治公呰麻呂(いじのきみおほまろ)を降伏させ、蝦夷の反乱を鎮圧しました。

しかし、780年、蝦夷は再び反乱を起こしました。朝廷は、大野東人を征夷大将軍に任命し、蝦夷の征討を行いました。

大野東人は、凡河内田道の軍隊を破り、凡河内田道自身も殺害しました。凡河内田道の死後、蝦夷の反乱はさらに激化し、朝廷は蝦夷を征討することができませんでした。

789年、朝廷は蝦夷と和議を結び、蝦夷は朝廷に服属することになりました。蝦夷の反乱は、これでようやく終結しました。

タイトルとURLをコピーしました