「大原昇」

「大原昇」

司法省入省から東京地方裁判所民事部長まで

司法省入省から東京地方裁判所民事部長まで

-司法省入省から東京地方裁判所民事部長まで-

大原昇は、1953年(昭和28年)に司法試験に合格し、翌1954年(昭和29年)に司法省に入省しました。入省後は、民事局、刑事局、法務局、裁判所など様々な部署を歴任しました。

1980年(昭和55年)に東京地方裁判所の判事に着任し、民事部の裁判官として活躍しました。1985年(昭和60年)には東京地方裁判所の民事部長に昇進し、民事部のトップとして民事事件の裁判を指揮しました。

東京地方裁判所民事部長時代には、多くの注目を集める事件を担当しました。その一つが、1987年(昭和62年)に発生した「グリコ・森永事件」です。この事件は、グリコと森永の製品に毒物が混入された事件で、大原部長は裁判長として裁判を担当しました。裁判では、被告人に無罪判決を言い渡しました。

また、1989年(平成元年)に発生した「イトマン事件」でも裁判長を務めました。この事件は、イトマングループの巨額の粉飾決算事件で、大原部長は裁判長として裁判を担当しました。裁判では、被告人に有罪判決を言い渡しました。

大原昇は、2001年(平成13年)に東京地方裁判所民事部長を退官しました。退官後は、弁護士として活躍しています。

司法省書記官と大臣官房保護課長

司法省書記官と大臣官房保護課長

司法省書記官と大臣官房保護課長

「大原昇」は、1883年(明治16年)に石川県に生まれました。1908年(明治41年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、司法省に入省しました。その後、司法省書記官、大臣官房保護課長などの要職を歴任し、1946年(昭和21年)に最高裁判所事務総長に就任しました。

司法省書記官時代には、司法制度の改革や裁判所の近代化に尽力しました。また、大臣官房保護課長時代には、刑法や刑事訴訟法の改正に関与し、日本の刑事司法制度の整備に貢献しました。

最高裁判所事務総長時代には、裁判所の事務運営の効率化や裁判所の広報活動の充実を図りました。また、裁判官の研修制度の整備にも取り組むなど、日本の司法制度の発展に貢献しました。

「大原昇」は、1961年(昭和36年)に死去しましたが、その功績は今もなお高く評価されています。

大審院検事就任と逝去

大審院検事就任と逝去

-大原昇-

-大審院検事就任と逝去-

大原昇は、1858年3月4日、愛知県額田郡に生まれました。1882年に、東京帝国大学を卒業後、司法省に入省しました。1890年に、大阪地方裁判所の検事正になりました。1897年に、大審院の判事に任命されました。1906年に、大審院の検事総長になりました。1911年に、枢密顧問官になりました。1913年に、大審院の院長になりました。1930年に、死去しました。

大原昇は、日本の司法制度の発展に貢献した人物として知られています。また、普選法の制定に尽力した人物としても知られています。

-大審院検事就任-

大原昇は、1906年に、大審院の検事総長になりました。これは、日本の司法制度において、最も重要な地位のひとつです。大原昇は、検事総長として、司法制度の改革に取り組みました。また、犯罪の取り締まり強化にも取り組みました。

-逝去-

大原昇は、1930年に、死去しました。死因は、老衰でした。大原昇は、日本の司法制度の発展に貢献した人物として、その功績を称えられています。

タイトルとURLをコピーしました