「秋月種穎」(⇒秋月種茂(あきづき-たねしげ))について

「秋月種穎」(⇒秋月種茂(あきづき-たねしげ))について

秋月種穎の生涯

秋月種穎の生涯

秋月種穎の生涯

秋月種穎は、戦国時代に筑後国秋月郡を領した戦国大名。秋月氏10代当主。通称は河内守。父は秋月政種。

1552年、秋月政種の長男として誕生。1587年、父政種の死により家督を継承した。同年、豊臣秀吉の九州平定に従い、肥後国の隈本城攻めに参加。1590年、小田原征伐にも参加し、秀吉から感状を受けた。

1592年、文禄の役では、明に攻め込んだ豊臣秀吉の軍勢に属し、朝鮮半島に渡った。1598年、慶長の役では、再び朝鮮半島に渡り、蔚山城の戦いに参加した。

1600年、関ヶ原の戦いでは、西軍に属して、立花宗茂の部隊に加わった。しかし、西軍は敗北し、種穎は筑後国に逃亡した。その後、徳川家康に降伏し、領地を安堵された。

1612年、死去。享年61(満59歳没)。法名は貞港院殿古渓宗久。

秋月種穎は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、筑後国で活躍した武将である。豊臣秀吉の九州平定に従い、朝鮮半島への遠征にも参加した。関ヶ原の戦いでは、西軍に属して戦ったが、敗北後は徳川家康に降伏し、領地を安堵された。

秋月種穎の功績

秋月種穎の功績

-秋月種穎の功績

秋月種穎は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。秋月晴種の長男。筑後国秋月藩初代藩主。

秋月種穎は、1546年に誕生しました。1570年に父・秋月晴種が死去すると、家督を継いで秋月藩の藩主となりました。秋月種穎は、豊臣秀吉の九州征伐に従軍し、功績を挙げました。また、朝鮮出兵にも従軍し、武功を上げました。

秋月種穎は、1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属し、石田三成の挙兵に加わりました。しかし、関ヶ原の戦いで西軍は敗北し、秋月種穎は改易されました。その後、秋月種穎は浪人となりましたが、1611年に徳川家康の許しを得て、肥前国佐世保藩の藩主として復活しました。

秋月種穎は、1614年に死去しました。享年69。秋月藩は、秋月種穎の死後も存続し、明治維新まで続きました。

秋月種穎は、筑後国秋月藩の初代藩主であり、豊臣秀吉や徳川家康に仕えた武将です。秋月種穎は、その武功により、佐世保藩の藩主として復活しました。秋月種穎は、1614年に死去しましたが、秋月藩は、明治維新まで存続しました。

秋月種穎の人物像

秋月種穎の人物像

秋月種穎の人物像

秋月種穎は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。秋月氏13代当主。肥前国北部を領し、有馬氏や毛利氏、大友氏らと争った。

種穎は、秋月文種の子として誕生。幼名は万寿丸。1563年に父が死去すると家督を継ぎ、秋月氏の当主となった。

種穎は、勇猛果敢な武将として知られ、有馬氏や毛利氏、大友氏らと数々の戦いを繰り広げた。特に、1569年の耳川の戦いでは、大友軍を破り、その名を天下に轟かせた。

種穎は、智謀にも優れており、巧みな外交手腕で領土を拡大した。また、領内の産業を振興し、領民の生活を安定させた。

種穎は、1600年の関ヶ原の戦いの際に、西軍に与したため、戦後に改易された。その後、浪人となり、各地を転々とした。

種穎は、1615年の大坂の陣で、豊臣秀頼に仕えたが、天王寺口の戦いで戦死した。享年53。

種穎は、戦国時代を代表する武将の一人で、その勇猛果敢な戦いぶりと智謀を兼ね備えた人物像は、後世の人々に語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました