「大友氏泰」

「大友氏泰」

南北朝時代の武将、大友氏第七代当主

南北朝時代の武将、大友氏第七代当主

-南北朝時代の武将、大友氏第七代当主-

大友氏泰(おおとも・うじやす)は、南北朝時代の武将。大友氏の第7代当主。

大友氏泰は、大友氏第6代当主・大友貞宗の子として誕生しました。建武2年(1335年)、父・貞宗が北条氏に攻められて戦死したため、14歳で家督を継ぎました。

氏泰は、南朝方の武将として活躍しました。正平7年(1352年)、足利尊氏を討つために九州に下向した南朝方の総大将・懐良親王に協力し、肥後国の菊池氏と協力して筑前国を攻略しました。

正平11年(1356年)、尊氏が九州に上陸すると、氏泰は筑後国の柳川城に籠城して抵抗しました。しかし、尊氏の軍勢に攻められて柳川城は陥落し、氏泰は九州を脱出して畿内に落ち延びました。

正平18年(1363年)、氏泰は南朝方の武将・楠木正儀と協力して河内国の高屋城を攻略しました。しかし、尊氏の軍勢に攻められて高屋城は陥落し、氏泰は正儀と共に戦死しました。

氏泰は、南北朝時代の動乱の中で、南朝方に最後まで忠義を尽くした武将でした。

九州北朝方の軍事・政治の中心として活躍

九州北朝方の軍事・政治の中心として活躍

九州北朝方の軍事・政治の中心として活躍

大友氏泰は、大友氏第18代当主であり、室町時代後期の武将、守護大名でした。九州の北朝方の軍事・政治の中心として活躍し、応仁の乱や九州の戦乱を戦い抜きました。

氏泰は、応仁の乱で西軍に属し、九州で北朝方の守護大名として活躍しました。九州では、島津氏や阿蘇氏など、有力な南朝方の勢力が存在しており、氏泰はこれら南朝方の勢力と戦いました。応仁の乱の終結後も、九州の戦乱は続き、氏泰は北朝方の九州における最大の勢力として、南朝方の勢力と戦い続けました。

氏泰は、優れた軍事指揮官であり、また、政治家としても手腕を発揮しました。氏泰は、九州の北朝方の守護大名として、九州の安定と平和に尽力しました。また、氏泰は、九州の開発にも力を入れ、九州の経済と文化の発展に貢献しました。

氏泰は、九州の北朝方の軍事・政治の中心として活躍し、九州の安定と平和に貢献しました。氏泰は、九州の歴史上、重要な人物であり、その功績は高く評価されています。

出家して独峰清巍と名乗る

出家して独峰清巍と名乗る

-出家して独峰清巍と名乗る-

大友氏泰は、1541年に大友義鎮の三男として生まれました。幼名は千代丸。1562年に兄の義統が早世すると、家督を継いで大友宗麟を名乗りました。宗麟は、キリシタン大名として知られ、ポルトガル人宣教師のフランシスコ・ザビエルを大友領内に迎え入れ、キリスト教の布教を許しました。

しかし、1587年に豊臣秀吉による九州征伐が始まると、宗麟は秀吉に降伏しました。秀吉は、宗麟の所領を没収し、肥後一国に封じました。宗麟は、肥後国に移り住むと、1592年に剃髪して独峰清巍と名乗りました。

清巍は、剃髪した後も、キリスト教の信仰を捨てませんでした。1597年に秀吉が死去すると、清巍は肥後国を捨てて、キリシタンの多い豊後国に逃れました。清巍は、豊後国でキリスト教の布教を続けましたが、1614年に徳川家康による禁教令が出されると、再び剃髪して宗琳宗言と名乗りました。

清巍は、1618年に豊後国で死去しました。享年78。清巍は、戦国時代を代表する大名の一人であり、キリシタン大名として知られています。

タイトルとURLをコピーしました