「安達幸之助」

「安達幸之助」

蘭学,西洋兵学を学ぶ

蘭学,西洋兵学を学ぶ

– 蘭学,西洋兵学を学ぶ

安達幸之助は、1836年に江戸で生まれました。1853年にペリーが来航すると、彼は西洋の学問に興味を持ち、蘭学と西洋兵学を学び始めました。

蘭学は、オランダ語を通じて学ぶ西洋の学問であり、西洋兵学は、西洋の軍事学のことです。安達幸之助は、これらの学問を学ぶことで、西洋の技術や軍事力を知ろうとしました。

安達幸之助は、1860年に、幕府の軍艦奉行に任命されました。彼は、軍艦奉行として、西洋の軍艦の建造や、海軍の近代化を推進しました。

また、安達幸之助は、戊辰戦争にも参加しました。戊辰戦争は、幕府軍と新政府軍の間で行われた戦争であり、安達幸之助は、幕府軍の指揮官として戦いました。

戊辰戦争後、安達幸之助は、新政府に出仕しました。彼は、工部卿や海軍卿などを歴任し、日本の近代化に貢献しました。

安達幸之助は、1898年に亡くなりました。享年62歳でした。

藩校壮猶館教授となる

藩校壮猶館教授となる

藩校壮猶館教授となる

安達幸之助は、1856年(安政3年)に盛岡藩士の子として生まれました。幼い頃から学問を好み、藩校壮猶館に入学して儒学を学びました。同藩の儒学者の山田方谷門人となり、尊王攘夷派として藩内でも重きをなすようになり、藩校教授頭取・遊撃隊隊長などを歴任した人物です。

1871年(明治4年)に廃藩置県が行われると、幸之助は盛岡県権参事兼文部局長に任命されました。その後、東京府教育局長、東京女子師範学校長などを歴任し、1885年(明治18年)に文部大臣に就任しました。

幸之助は、文部大臣在任中に教育勅語を発布し、国民教育の基盤を確立しました。また、帝国大学令を公布し、東京帝国大学を設立するなど、日本の近代教育制度の確立に尽力しました。

1892年(明治25年)に、幸之助は文部大臣を辞任し、その後は貴族院議員や東京府知事などを歴任しました。1921年(大正10年)に死去しました。

幸之助は、近代日本の教育制度の確立に大きな功績を残した人物であり、日本の近代化に貢献した人物の一人です。

伏見兵学校の教師となる

伏見兵学校の教師となる

– 安達幸之助

-# 伏見兵学校の教師となる

安達幸之助は、1861(文久元)年、丹波国桑田郡(現・京都府亀岡市)で生まれた。幼少期から武術を好み、1874(明治7)年に陸軍士官学校に入学。1877(明治10)年に卒業し、陸軍少尉に任官された。

陸軍士官学校卒業後は、近衛歩兵第1連隊に配属され、西南戦争に従軍した。西南戦争では、政府軍の勝利に貢献し、功績を挙げた。

西南戦争後、安達は陸軍中尉に昇進し、伏見兵学校の教師となった。伏見兵学校は、陸軍士官学校の予備校的な役割を果たしており、安達はここで若手士官の教育にあたった。

安達は、伏見兵学校で教鞭をとる傍ら、軍制改革にも携わった。安達は、陸軍の近代化を進めるために、軍隊の組織や編成を改め、また、兵器の近代化も推進した。

安達の軍制改革は、陸軍の近代化に大きく貢献し、日本軍を近代的な軍隊に生まれ変わらせた。安達は、日本の軍制改革に大きな功績を残した人物である。

タイトルとURLをコピーしました