大峰あきら

大峰あきら

大峰あきらの生涯

大峰あきらの生涯

大峰あきら(1930年2月10日 – 2004年11月12日)は日本の俳優である。本名は杉本省吾。福岡県嘉穂郡糒町(現・嘉麻市)出身。

大峰あきらの生涯

幼少期

大峰あきら(杉本省吾)は、1930年(昭和5年)2月10日に福岡県嘉穂郡糒町(現・嘉麻市)で生まれた。父は炭鉱労働者、母は専業主婦であった。

中学校時代

大峰あきらは、糒町立糒中学校(現・嘉麻市立糒中学校)に入学した。中学校時代は、野球部に所属していた。

高校時代

大峰あきらは、福岡県立嘉穂高等学校に入学した。高校時代は、演劇部に所属していた。

大学時代

大峰あきらは、早稲田大学第一文学部に入学した。早稲田大学在学中は、演劇部に所属し、多くの舞台に立った。

俳優デビュー

大峰あきらは、1952年(昭和27年)、早稲田大学卒業後、東映に入社した。東映入社後は、多くの映画に出演し、人気俳優となった。

テレビドラマ出演

大峰あきは、1960年(昭和35年)、『七人の刑事』でテレビドラマデビューを果たした。その後、『大河ドラマ』や『水戸黄門』などの人気テレビドラマに出演し、国民的な俳優となった。

晩年

大峰あきは、2000年(平成12年)に脳梗塞で倒れ、俳優業を引退した。2004年(平成16年)11月12日、脳梗塞のため死去した。享年74歳。

大峰あきらの俳句

大峰あきらの俳句

大峰あきら

大峰あきら(1927-2015)は、日本の俳人、小説家、随筆家です。本名は高田博。三重県生まれ。1948年、東海学生俳句連盟に参加。1955年、「海程」入会。1965年、第一句集『野分』を刊行。1974年、第二句集『大峰秋色』で第9回俳人協会賞を受賞。1985年、第三句集『風流』で第28回蛇笏賞を受賞。1991年、第四句集『寒蝉』で第1回山本健吉賞を受賞。2002年、第五句集『晩夏』で第3回晩夏賞を受賞。2006年、第六句集『晩燈』で第34回俳人協会賞を受賞。2014年、第七句集『余韻』を刊行。2015年、東京都で死去。

大峰あきらの俳句

大峰あきらの俳句は、日常の生活の中から生まれた素朴で淡々とした句風を特徴としています。しかし、その素朴な句風の中に、鋭い観察眼と繊細な感受性が凝縮されており、読者に深い感動を与えます。大峰あきらの代表的な句には、以下のようなものがあります。

* 「朝顔咲く露すぎし垣のしずけさよ」
* 「梅もどき散る音のして闇ふかし」
* 「秋風の道すがらにも虫の声」
* 「冬空に赤蜻蛉飛ぶ光かな」
* 「野分くるや軒の栗渋墨を流す」

これらの句は、いずれも日常の何気ない風景を詠んだ句ですが、大峰あきらの鋭い観察眼と繊細な感受性によって、読者に深い感動を与えます。大峰あきらの俳句は、日本の伝統的な俳句の美しさと現代的な感覚を兼ね備えた、独創的な句風として高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました