– 阿刀酒主

– 阿刀酒主

阿刀酒主の生涯

阿刀酒主の生涯

阿刀酒主の生涯

阿刀酒主(あとののさけぬし)は、奈良時代に活躍した貴族・歌人である。

生年と没年は不詳であるが、延暦4年(785年)に死去したという説がある。

阿刀酒主は、阿刀大足の息子として生まれた。

母は、藤原仲麻呂の娘である。

桓武天皇の信頼厚く、延暦2年(783年)に東夷征討副将軍に任じられた。

蝦夷征伐では、大伴家持のもとで戦い、功績を挙げた。

また、桓武天皇の東宮時代には、その側近として仕え、皇太子の教育係を務めた。

阿刀酒主は、歌人としても知られており、万葉集に10首の歌を残している。

また、家集である「阿刀酒主集」も伝わっている。

阿刀酒主は、延暦4年(785年)に、薨去した。

享年不詳。

阿刀酒主の墓は、大阪府大阪市住吉区にある。

阿刀酒主の功績

阿刀酒主の功績

阿刀酒主

阿刀酒主の功績

阿刀酒主は、孝昭天皇の時代に活躍したとされる豪族です。彼は、新羅の侵攻を防いだり、大和朝廷への米を献上したりするなど、多くの功績を上げました。

阿刀酒主の最も有名な功績は、新羅の侵攻を防いだことです。孝昭天皇の時代に、新羅はたびたび日本に侵攻してきました。阿刀酒主は、新羅の侵攻を阻止するために、防人の徴募や城砦の築造などを行いました。また、彼は、新羅と交渉を行い、新羅の侵攻を終わらせることに成功しました。

阿刀酒主は、大和朝廷への米を献上したことも知られています。孝昭天皇の時代に、大和朝廷は飢饉に苦しんでいました。阿刀酒主は、大和朝廷に米を献上し、飢饉を救いました。

阿刀酒主は、多くの功績を上げ、日本の発展に貢献しました。彼は、孝昭天皇に仕え、大和朝廷を支えた忠臣でした。

阿刀酒主の功績をまとめると、以下のようになります。

* 新羅の侵攻を防いだ
* 大和朝廷への米を献上した
* 孝昭天皇に仕え、大和朝廷を支えた

阿刀酒主は、日本の歴史上、重要な役割を果たした人物です。彼の功績は、今日でも語り継がれています。

阿刀酒主の逸話

阿刀酒主の逸話

-阿刀酒主の逸話-

阿刀酒主は、日本の平安時代の貴族、歌人である。阿刀氏出身で、父は阿刀大足、母は不詳。官位は正四位下・右馬頭。歌人としては、勅撰和歌集『古今和歌集』に1首入集している。

-阿刀酒主の和歌-

阿刀酒主の和歌は、優美で繊細な作風を特徴としている。特に、自然を詠んだ歌が多く、春夏秋冬、花鳥風月を巧みに表現している。以下に、阿刀酒主の歌を2首挙げる。

-花を詠んだ歌-

「春の苑、匂いに立ちたる花を見て、人のもとへ遣る。」

春の苑に、匂いにたちたる花をみて、人のもとへおくる

花の色は、うつろふものにあらねども、匂ひぞかへる、世の中ぞ知る

-鳥を詠んだ歌-

「秋の暮、鳥のなくを見て。」

秋の暮れ、鳥のなくを見て

鳥の子の、親といふらをば、鳴くものを、むかし聞きつる、親のなさけに

-阿刀酒主の故事-

阿刀酒主には、いくつかの故事が残されている。そのうちの一つが、「阿刀酒主の狐退治」である。ある日、阿刀酒主が野原を歩いていると、狐が自分に化けて現れた。狐は、阿刀酒主に化けて、人々を騙していた。阿刀酒主は、狐の正体を見破り、狐を退治した。

もう一つの故事が、「阿刀酒主の百首和歌」である。ある時、阿刀酒主が百首の和歌を詠んだ。その和歌は、非常に優美で、人々を感動させた。阿刀酒主の百首和歌は、後世に伝わり、今もなお、人々に親しまれている。

タイトルとURLをコピーしました