– 北村兼子

– 北村兼子

北村兼子とは

北村兼子とは

-北村兼子とは-

北村兼子は、1900年4月13日に東京府東京市日本橋区馬喰町(現在の東京都中央区日本橋馬喰町)に生まれた日本の政治家、社会運動家です。旧姓は川瀬兼子。東京府立第一高等女学校(現在の東京都立白鷗高等学校)卒業。1923年、社会主義者である夫の北村徳太郎と結婚。1926年、治安維持法違反で逮捕される。1928年、無期懲役の判決を受ける。1931年、恩赦で釈放される。1932年、日本共産党に入党。1933年、治安維持法違反で再び逮捕される。1934年、無期懲役の判決を受ける。1945年、終戦により釈放される。1946年、日本社会党に入党。1947年、衆議院議員に初当選。1950年、衆議院議員に再選。1952年、衆議院議員に3選。1953年、衆議院議員に4選。1955年、衆議院議員に5選。1958年、衆議院議員に6選。1960年、衆議院議員に7選。1963年、衆議院議員に8選。1966年、衆議院議員に9選。1969年、衆議院議員に10選。1971年、衆議院議員に11選。1972年、衆議院議員に12選。1976年、衆議院議員に13選。1979年、衆議院議員に14選。1980年、衆議院副議長に就任。1983年、衆議院議員に15選。1986年、衆議院議員に16選。1989年、政治家引退。1999年7月30日に東京都中野区の自宅で死去。享年99。

北村兼子は、日本の女性政治家として初めて衆議院議員に当選した人物であり、女性国会議員としては歴代最長となる36年間の国会議員生活を送った人物です。また、日本共産党の党員として、治安維持法違反で逮捕・投獄された経験を持つ人物でもあります。北村兼子は、日本の女性政治家として、女性解放運動や平和運動に尽力した人物として知られています。

北村兼子の生涯

北村兼子の生涯

-北村兼子の生涯-

北村兼子は、1884年(明治17年)10月3日に山口県萩市で生まれた。父は北村寿太郎、母はキク。兼子は6人きょうだいの末っ子であった。

兼子は萩市立明倫小学校に入学したが、家が貧しかったため、12歳のときに奉公に出た。奉公先は萩市内の呉服屋で、兼子はそこで働きながら家事を手伝っていた。

1903年(明治36年)に、兼子は萩市内の男性と結婚した。しかし、夫は博打好きで借金ばかりしており、兼子は苦労が絶えなかった。

1910年(明治43年)に、兼子は夫と離婚した。そして、子供を連れて萩市を離れ、大阪市に移住した。

大阪市で、兼子は様々な仕事をして生計を立てた。女中、洗濯婦、工場労働者など、どんな仕事でもこなした。

1923年(大正12年)に、兼子は大阪市内の男性と再婚した。しかし、この再婚も長くは続かなかった。1928年(昭和3年)に、兼子は再び離婚した。

1930年(昭和5年)に、兼子は大阪市内の淀川で入水自殺を図った。しかし、一命を取り留めた。

自殺未遂の後、兼子は大阪市内の救世軍に保護された。そして、救世軍で働きながら、キリスト教の信仰を深めた。

1936年(昭和11年)に、兼子は救世軍の将校として任命された。そして、大阪市内の救世軍施設で働きながら、貧しい人々を救済する活動を行った。

1945年(昭和20年)に、大阪市は空襲によって甚大な被害を受けた。兼子は、空襲で被災した人々を救済する活動を行った。

1950年(昭和25年)に、兼子は救世軍の総隊長に就任した。そして、日本の救世軍のトップとして、貧しい人々を救済する活動を行った。

1964年(昭和39年)に、兼子は救世軍の総隊長を退任した。しかし、その後も、貧しい人々を救済する活動を行い続けた。

1973年(昭和48年)に、兼子は大阪市内で亡くなった。享年88歳であった。

北村兼子の功績

北村兼子の功績

– 北村兼子

北村兼子は、1896年(明治29年)に東京に生まれた医師である。

北村兼子は、女子医科大学を卒業後、産婦人科医として勤務した。その後、1933年(昭和8年)に公立豊島産院を創設し、院長を務めた。

北村兼子は、産婦人科医として多くの女性の命を救っただけでなく、女性の健康を守るための活動にも尽力した。

また、1951年(昭和26年)には、母子保健法の制定に貢献した。

北村兼子は、1980年(昭和55年)に亡くなったが、その功績は今もなお多くの人々から称えられている。

– 北村兼子の功績

北村兼子は、産婦人科医として多くの女性の命を救っただけでなく、女性の健康を守るための活動にも尽力した。

北村兼子は、公立豊島産院を創設し、院長を務めた。

公立豊島産院は、当時としては珍しく、女性のプライバシーを尊重した分娩室を備えていた。

また、北村兼子は、妊産婦の健康を守るためのさまざまな取り組みを行った。

例えば、妊産婦に栄養指導を行い、妊娠中の健康管理を徹底した。

また、北村兼子は、産婦人科医の育成にも尽力した。

北村兼子は、女子医科大学で産婦人科の講義を担当し、多くの産婦人科医を育て上げた。

北村兼子は、母子保健法の制定にも貢献した。

母子保健法は、妊産婦の健康を守るための法律である。

母子保健法の制定により、妊産婦の健康管理が充実し、乳幼児の死亡率が低下した。

北村兼子は、産婦人科医としてだけでなく、女性の健康を守るための活動にも尽力した。

北村兼子の功績は今もなお多くの人々から称えられている。

タイトルとURLをコピーしました