「木村鋭市」

「木村鋭市」

外務省勤務

外務省勤務

木村鋭市外務省勤務

木村鋭市は、1915年(大正4年)に石川県で生まれました。1938年(昭和13年)に東京帝国大学法学部を卒業後、外務省に入省しました。在職中は、ベルリン、パリ、ロンドンなどの在外公館に勤務し、また、外務省本省の欧米局長や条約局長などの要職を歴任しました。

木村鋭市は、外務省勤務時代に、日本の外交政策の形成に大きく貢献しました。特に、サンフランシスコ講和条約の締結や、日米安全保障条約の改定など、戦後の日本の外交政策の転換期にあって、重要な役割を果たしました。

木村鋭市は、1973年(昭和48年)に外務事務次官に就任しました。外務事務次官は、外務省の最高幹部であり、外務大臣を補佐して、日本の外交政策の立案と実施に責任を負います。木村鋭市は、外務事務次官として、日本の外交政策の推進に尽力しました。

木村鋭市は、1977年(昭和52年)に退官しました。退官後は、国際通貨基金(IMF)の専務理事や、日本国際フォーラムの会長などを歴任しました。木村鋭市は、2004年(平成16年)に逝去しました。

パリ講和会議とワシントン海軍軍縮会議

パリ講和会議とワシントン海軍軍縮会議

– パリ講和会議とワシントン海軍軍縮会議

木村鋭市は、パリ講和会議とワシントン海軍軍縮会議において、日本代表として重要な役割を果たしました。

-パリ講和会議-

第一次世界大戦後の1919年、フランスのパリで開かれたパリ講和会議は、戦勝国と敗戦国の間で講和条約を締結するための会議でした。日本は、戦勝国の一国として、この会議に参加しました。木村鋭市は、日本代表団のメンバーとして、会議に出席しました。

パリ講和会議では、ヴェルサイユ条約が締結されました。この条約は、ドイツに厳しい条件を課す内容のものでした。木村鋭市は、ヴェルサイユ条約に反対し、ドイツに寛大な処置を取るべきだと主張しました。しかし、木村鋭市の主張は受け入れられず、ヴェルサイユ条約は締結されました。

-ワシントン海軍軍縮会議-

1921年、アメリカのワシントンD.C.で開催されたワシントン海軍軍縮会議は、海軍軍備を制限するための会議でした。日本は、この会議に参加し、海軍軍備の制限に同意しました。木村鋭市は、日本代表団の首席全権として、会議に出席しました。

ワシントン海軍軍縮会議では、日英米仏伊の5カ国間で、海軍軍備を制限する条約が締結されました。この条約は、各国が保有できる主力艦の数を制限するものでした。木村鋭市は、この条約の締結に尽力しました。

パリ講和会議とワシントン海軍軍縮会議は、木村鋭市の外交官としてのキャリアの中で最も重要な出来事でした。木村鋭市は、これらの会議において、日本の利益を守るために尽力しました。

亜細亜局長からチェコスロバキア駐在公使へ

亜細亜局長からチェコスロバキア駐在公使へ

-「木村鋭市」-

-亜細亜局長からチェコスロバキア駐在公使へ-

木村鋭市は、日本の外交官、政治家です。1893年に大阪府に生まれ、1917年に東京帝国大学法学部を卒業しました。その後、外務省に入省し、亜細亜局長、チェコスロバキア駐在公使、外務大臣などを歴任しました。

木村鋭市は、外務省入省後、主に欧米の外交を担当しました。1929年には、ロンドン軍縮会議に日本政府代表団の随員として参加しました。1933年には、ソ連大使館の参事官に任命され、モスクワに赴任しました。1936年に帰国し、外務省亜細亜局長に就任しました。

1938年、木村鋭市はチェコスロバキア駐在公使に任命され、プラハに赴任しました。当時、チェコスロバキアはナチス・ドイツの侵略を受ける危機に瀕していました。木村鋭市は、チェコスロバキア政府と協力して、ナチス・ドイツの侵略を阻止しようと努力しました。しかし、1939年3月、チェコスロバキアはドイツ軍に占領されました。

ドイツ軍によるチェコスロバキア占領後、木村鋭市は日本に帰国しました。1941年、外務大臣に任命され、第二次世界大戦中、日本の外交政策を担いました。1945年、日本の敗戦後、外務大臣を辞任し、公職から引退しました。

木村鋭市は、日本の外交官、政治家として、激動の時代を生き抜いた人物です。その功績は、日本外交史に大きな足跡を残しています。

タイトルとURLをコピーしました