ー「太田収」

ー「太田収」

大正-昭和時代前期の経営者

大正-昭和時代前期の経営者

-大正-昭和時代前期の経営者-

大見出しの「太田収」の下に作られた小見出しの「大正-昭和時代前期の経営者」は、太田収の事業活動や経営哲学について解説したものである。

太田収は、1885年(明治18年)に茨城県水戸市に生まれた。早稲田大学卒業後、三菱銀行に入行し、名古屋支店や東京支店で勤務した。1920年(大正9年)に、日本産業銀行(現三井住友銀行)に転職し、1923年(大正12年)に取締役、1927年(昭和2年)に頭取に就任した。

太田収は、日本産業銀行頭取として、企業の設備投資や産業振興に積極的な融資を行い、日本の経済発展に貢献した。また、国際金融にも精通しており、1930年(昭和5年)にロンドン支店を開設し、1931年(昭和6年)にニューヨーク支店を開設した。

太田収は、1937年(昭和12年)に日本産業銀行頭取を退任し、1940年(昭和15年)に日本興業銀行(現みずほ銀行)初代頭取に就任した。日本興業銀行頭取として、戦時中の産業統制や戦後の復興に尽力した。

太田収は、1946年(昭和21年)に日本興業銀行頭取を退任し、1950年(昭和25年)に死去した。

太田収の経営哲学は、「企業は社会の一員であり、社会に貢献することが企業の使命である」というものであった。太田収は、企業が利益を追求することは重要であるが、同時に社会に貢献することも重要であると考えていた。太田収の経営哲学は、現代の企業経営にも大きな影響を与えている。

山一証券の社長として知られる

山一証券の社長として知られる

– ー「太田収」-
-# 山一証券の社長として知られる -#

太田収は、山一証券の社長として知られる人物です。1926年、兵庫県に生まれ、1950年に東京大学経済学部を卒業後、山一証券に入社しました。その後、同社の取締役、専務取締役を経て、1982年に社長に就任しました。

太田収は、山一証券の社長として、同社の経営を立て直し、株式公開を実現するなど、数々の功績を残しました。しかし、1997年に山一証券が経営破綻すると、その責任を問われて社長を辞任しました。

太田収は、2009年に83歳で亡くなりました。

太田収は、山一証券の経営者として、その功績と失敗の両方を経験した人物でした。しかし、彼の残した功績は今もなお評価されており、日本の証券業界の歴史にその名を刻んでいます。

以下に、太田収の経歴をまとめます。

* 1926年兵庫県に生まれる。
* 1950年東京大学経済学部を卒業。
* 1950年山一証券に入社。
* 1982年山一証券の社長に就任。
* 1997年山一証券が経営破綻。
* 1997年山一証券の社長を辞任。
* 2009年83歳で亡くなる。

タイトルとURLをコピーしました